2017. 05. 06  
初めてのエビネ、花よりも咲いている場所に驚いた。以前にも一度見ていますがあの頃はタカネエビネなど知らずこのような花はみなエビネとしていたな、と言う程見ていたわけではないですが。
エビネ

シックな色合い
エビネ

横顔
エビネ

エビネは下唇弁中央裂片先端が2裂するそうでこれも重なって見にくいが裂けているようだ、でもタカネエビネでもこんなのがあるからな。はっきり言って違いは分かりません。
エビネ

直ぐ側にもう一株ありました。
エビネ

こちらはピンク色が強い。
エビネ

やはり中央裂片は裂けています。
エビネ

背後の萼片の様子。
エビネ

ラン科エビネ属

(4月25日撮影)
2017. 05. 06  
真っ白な花が咲いていたので撮ってみました。
シロバナトキワハゼ

どう見てもトキワハゼ、その白花シロバナトキワハゼのようです、初めて、と思ったけど以前一度見ていました。
シロバナトキワハゼ

普通下唇は僅かに紫色を帯びた白色ですがこれは真っ白、斑紋の黄色だけが残っています。
シロバナトキワハゼ

上唇は紫色ですがこれはここも真っ白です。
シロバナトキワハゼ

普通のトキワハゼ(上側)と同じ場所に咲いていました。
シロバナトキワハゼ

白と紫のツーショット
シロバナトキワハゼ

サギゴケ科サギゴケ属

(4月25日撮影)
2017. 05. 06  
草むらの中に咲いていた真っ赤な花アネモネのようです。当然園芸種の逸出ですが他の繁殖力旺盛な野草の中で元気に咲いていました。
アネモネ

アネモネは多種多様な品種がありますがこれは八重咲き、蕊は全く見られず完全に八重化しています。元々多くの雄しべを持っているのでそれが花弁化(萼片ですが)したのでしょうね、外周の萼片は幅広ですが内側のは細長い。
アネモネ

イチリンソウの仲間なんだ、外周の萼片がそのあたりを僅かに思わせる。
アネモネ

切れ込んだ茎葉、根生葉は枯れていました。こういう園芸種を検索しても葉なんて殆ど出てきませんね。
アネモネ

キンポウゲ科イチリンソウ属

(4月25日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR