2017. 05. 07  
今年はキンランが遅いのかな、4月末現在見かけているのはこれだけ、昨年大群生していた場所にも行ってみましたが全く見られなかった。
キンラン

林道沿いの半日陰で見ることが多いでですがこんな日当たりの良い場所に咲いていました。
キンラン

上の方はまだ蕾ですがこの頃が見頃かな。
キンラン

下唇弁の赤い襞が黄色を強調しています。これ一株しかなかったし割と普通に見られるのでアップもサラッとね。
キンラン
(4月25日撮影)

後日別の場所、ここは以前盗掘されて姿が見えなくなっていましたが復活していました。
キンラン

こちらは別の株、綺麗に咲いています。
キンラン

草むらの中にも咲いていた、都合6株生えていました。ここは麓ですが人間が盗らなければちゃんと咲いてくれるようです。地元の方に聞きましたが昔は幾らでも普通に咲いていたそうです。キンランだけでなく他の花もね。
キンラン
(5月5日撮影)

ラン科キンラン属
2017. 05. 07  
4年前ここで見つけたイヌコモチナデシコ、その後そんなに増えることもないけどしっかり根付いています。
イヌコモチナデシコ

長く伸びた茎の先端に花をつける、因みに綿毛が見えているのがアカミタンポポ
イヌコモチナデシコ

ナデシコ科らしい可愛い花、花弁先端が凹む、雄しべが出た雄性期
イヌコモチナデシコ

雌しべが出た雌性期、柱頭に毛が生えている。
イヌコモチナデシコ

壷形の細長い苞が花の印象を悪くしている。
イヌコモチナデシコ

葉は対生、基部が合着して鞘状になる、茎に腺毛が密生。
イヌコモチナデシコ

根生葉の様子、最近知られたミチバタナデシコとよく似ていますが基本的には種子を見ないと識別困難なようです。
イヌコモチナデシコ

ナデシコ科コモチナデシコ属

(4月25日撮影)
2017. 05. 07  
痩果が赤っぽくなるアカミタンポポ、セイヨウタンポポとの違いはそれくらいなので果実が出来ないと区別できません、この周りに花が咲いていればよかったのですが見かけず。
アカミタンポポ(果実)

綿毛を通してでもなんとなく赤っぽいのが分かります。
アカミタンポポ(果実)

痩果の上部には棘状の突起がある、多少なりともくっつき虫になることがあるのかな。
アカミタンポポ(果実)

セイヨウタンポポ(左)との果実の比較、はっきり色が違うのが分かります。
アカミタンポポ(果実)

キク科タンポポ属

(4月25日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR