2017. 05. 08  
下草の全く生えていない林内に生えていたチゴユリ、秋吉台では初めて、県内でも初めてでした。
チゴユリ

狭い範囲ですが足の踏み場もないほど生えています。少しは他の場所でも生えてくれよ。
チゴユリ

茎の先端に一つの花を咲かせる、偶に2つ咲くこともあるそうだ。
チゴユリ

大きさ3cm程、雄しべ3本雌しべ1本、ユリ科じゃなくてホウチャクソウの仲間なんだ。
チゴユリ

柱頭は3裂、雄しべの花糸は基部が幅広く先端はかなり狭まる。
チゴユリ

葉は互生で楕円形~長楕円形
チゴユリ

草丈はこれで10cm程度、葉が出ている節ごとに茎がクネクネしています。久しぶりに見たけどこんなに小さかったかな。
チゴユリ

イヌサフラン科ホウチャクソウ属

(4月25日撮影)
2017. 05. 08  
去年見つけたちょっと変なヘラオオバコ、今年も同じ場所に生えてきたので撮ってみました。右が正常左が変な株です。
ヘラオオバコ

上から見ると右側のは特徴的な雄しべが出ていますが左のは全く見えません。
ヘラオオバコ

雄しべが全く見られない
ヘラオオバコ

白いのは雌しべの柱頭ですが普通はこんなに長くなりません。
ヘラオオバコ

こちらが正常な花、下から咲き上がり雌性期から雄性期になっていきます。雄しべが出ている雄性期ゾーン上部に白い柱頭が出ている雌性期ゾーンが分かると思います。
ヘラオオバコ

ただこの株も少しおかしく雄性期の下側は果実期になるのですがここにまだ長い柱頭が残っています。これで雄しべだけの株があれば雌雄に別れつつあるんじゃないかと思ったりするんですけどね。
ヘラオオバコ

オオバコ科オオバコ属

(4月25日撮影)
2017. 05. 08  
川べりの土手に咲いていたキツネアザミ、どこでも見られますがやはり多少なりとも湿っぽい場所の方が好きなようです。
キツネアザミ

これは舗装の隙間に生えています。
キツネアザミ

この子は田起こしが終わった後の田圃に生えていた、さすがにこれは選地ミスだろうな、果実を付ける前に農作業が行われそう。
キツネアザミ

アザミと名がついてますがアザミ属ではなくトウヒレン属でもなくキツネアザミ属という独立した属で1属1種
キツネアザミ

雌しべがモコモコと湧き出るようで出ています。
キツネアザミ

総苞片には鶏冠状の突起がある。
キツネアザミ

葉は羽状に深裂
キツネアザミ

キク科キツネアザミ属

(4月25日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR