2017. 05. 17  
オオアリドオシと同じく薄暗い林内に生えているアリドオシ、秋吉台ではここ1ヶ所だけで確認していますがこの辺りに10本以上まとまって生えています。
アリドオシ

同じ日に見たオオアリドオシと比べて随分花を咲かせているな。
アリドオシ

白い筒状の花はオオアリドオシと同じ
アリドオシ

花冠が4裂、雄しべ4本に長い雌しべ柱頭は4裂
アリドオシ

花冠が5裂しているのもありました。
アリドオシ

アリドオシの棘は葉と同長かそれ以上だそうですがここのはせいぜい1/2程度です。でも葉がオオアリドオシと比べて小さいからアリドオシでいいかなと思います。
アリドオシ

アカネ科アリドオシ属

(5月5日撮影)
2017. 05. 17  
薄暗い林内に生えているオオアリドオシ
オオアリドオシ

小低木で樹高はせいぜい1m程度、これは50cmくらいしかありません。
オオアリドオシ

筒状の花を下向きに咲かせる。
オオアリドオシ

花冠は4裂、4本の雄しべとそれより少し長い雌しべ、柱頭が4裂しています。
オオアリドオシ

卵形の葉はアリドオシより大きいが棘は短い。葉の長さの半分以下がアリドオシとの区別点ですが秋吉台のはどれも短く1/3から1/4程度なので迷うことはありません。
オオアリドオシ

葉は対生ですが大小2形のが交互に付く、でもそれ程厳密でもないようで小さいのがないのもあります。
オオアリドオシ

おやこんな所にも、ここは初めて。秋吉台では何ヶ所かで見ていますがどこもかなり薄暗い林内です。
オオアリドオシ
(5月5日撮影)

後日別の場所、ここは初めて見つけた場所で一番来やすいかな。4月25日に小さな蕾を付けていましたが10日~2週間程度で咲くようです。
オオアリドオシ

これで樹高1m超え、オオアリドオシとしては大きい。
オオアリドオシ

ここは割と明るいのでバッチリ鮮明に撮れます。
オオアリドオシ

内部に毛が生えているそうですがこれではよくわかりません、雌しべの柱頭はまだ開いていないような。内側に模様があるのは初めてみました。
オオアリドオシ
(5月11日撮影)

アカネ科アリドオシ属
2017. 05. 17  
まだ少し早いかなと思いましたが来てみましたカンサイスノキ
カンサイスノキ

蕾が多かったですが何とか開いているのもありました、釣鐘型で下向きに咲く。
カンサイスノキ

突き出ているのが雌しべで周りを取り囲んでいるのが雄しべ、10本以上ありそうです。
カンサイスノキ

殆ど赤い色がついていないのもありました、色は変化していくのでしょうか。
カンサイスノキ

雄しべと雌しべの様子が分かります。
カンサイスノキ

花冠を半分カットしてみました。下部の白いのは花糸で全体が球状になっています、毛も生えているようです。葯は褐色と黄色の部分があるようです。雌しべは花冠先端とほぼ同じ位置です。
カンサイスノキ

葉は互生で倒卵形または楕円形、スノキとの違いは葉に毛があるかどうかでこちらには毛があります。
カンサイスノキ

ツツジ科スノキ属

(5月5日撮影)
2017. 05. 17  
麓に生えているニガキ、林道でも見ていますがそこは大変行きづらく最近は専らここで見ている、ただ3本程あるけど雌雄異株でみな雌株なのが残念。雄株の様子はこちらから。
ニガキ

本年枝の葉腋から集散花序を出す、花序は2ー4回分岐し雌株は7-10個の花をつける。
ニガキ

緑色の地味な花だけど形が面白いので撮ってます。お餅のようなやや盛り上がった花盤の上に4つの子房、これが草団子のようです。柱頭も4裂している。
ニガキ

子房が5つのもあります、花弁も5枚、柱頭も5裂している。
ニガキ

一つの果序の中に4数性と5数性のが混じっています。
ニガキ

雌花ですが雄しべも残っています、痕跡と言うにはハッキリしていますが花粉は出てないようです。
ニガキ

花序軸や花柄に細かな毛が生える。
ニガキ

奇数羽状複葉、4-6対の小葉は卵状長楕円形で大きい。
ニガキ

ニガキ科ニガキ属

(5月5日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR