2017. 05. 18  
川べりに咲いているヒレアザミ、草丈1m以上ありますが草刈りされなければこれくらいにはなります。反対側にもあったのですが草刈りされていました。史前帰化植物だそうで北海道を除く全国に分布していますがその割にはあまり見かけません。
ヒレアザミ

上部で枝分かれして頂部に花を咲かせる。
ヒレアザミ

アザミそっくりですがアザミ属ではなくヒレアザミ属
ヒレアザミ

白い花粉を出す様子もアザミに似ています。
ヒレアザミ

花の基部にまるで子供のように幾つもの花をつけるのはアザミと違います。
ヒレアザミ

やはり一番の特徴は茎の鰭、棘があって触ると痛い。動物に対しては有効な防御手段でしょうが機械を使った草刈りには全く無力です。
ヒレアザミ

葉は羽状に裂ける、これも裂片先端に棘がある。
ヒレアザミ

キク科ヒレアザミ属

(5月5日撮影)
2017. 05. 18  
台地上でごく普通に見られるヒメハギ、これも草むらの中に青い色が見えたので近寄ってみたらやはりそうでした。
ヒメハギ

茎は斜上する。
ヒメハギ

葉腋から総状花序を出し、でも花の数が少ないから花序と言った漢字はしません。
ヒメハギ

やはりこの花の特徴はこのモジャモジャの付属体ですね、どんな役割があるんでしょうね。付属他の上に見えているのが2枚の花弁、左右に羽のように見えているのは即萼片、花弁の後方に見えているのも萼片です。
ヒメハギ

花の下側にも花弁が1枚、基部に左右に見えているのも萼片です。果実を見てみたいけどその頃は藪が深くなるし花のような特徴的な色がないから探すのが難しくなる。
ヒメハギ

葉は互生で短い葉柄がある、茎には縮れ毛がある。
ヒメハギ

ヒメハギ科ヒメハギ属

(5月5日撮影)
2017. 05. 18  
一昨年大群生していた場所、去年は全く出てこなかったそうですが大量に種子が眠っているだろうと思って来てみたら蕾を付けたのがありました。
コモチナデシコ蕾
(4月30日撮影)

6日後また来てみたら花が咲いていました、多分別の株
コモチナデシコ

細長い方の先端にピンク色の花を咲かせる、苞が複数になることもありますがこちらの方がスッキリしている。
コモチナデシコ

ナデシコ科らしい花、5弁で先端が凹む。雄しべが出ていますが雌しべはまだ見えていません。
コモチナデシコ

線形の葉は対生し基部が鞘状につく、茎は無毛。道端ナデシコは無毛と有毛タイプがあるそうで結局種子を見ないと判別できそうにもありません、ここも見てみなくては。
コモチナデシコ

基部の葉は赤くなっている、花期には枯れるんでしょうか。
コモチナデシコ

別の株、この日見つけたのは3つだけだけど芽生えは多数あったのでまだ咲くでしょう。
コモチナデシコ

これも雄しべだけ出ています、花弁が等方的に広がってないな。
コモチナデシコ
(5月5日撮影)

ナデシコ科コモチナデシコ属
2017. 05. 18  
台地上日当たりの良い草地で割とみられるカナビキソウ、写真だと分かりづらいですが多く枝分かれして白い花を点々と付けているので目につきやすい。
カナビキソウ

基本的には5弁花ですが4弁花も割と見られます。
カナビキソウ

整った5弁花、雄しべ5本柱頭は扁平
カナビキソウ

4弁花
カナビキソウ

3弁のも偶にあります。
カナビキソウ

線形の長い葉の様に見えているのは苞、花の基部に短く2つ見えているのが小苞
カナビキソウ

根本には根生葉はない、半寄生だそうですがここにはカナビキソウ本体より大きそうなのはないな。
カナビキソウ

ビャクダン科カナビキソウ属

(5月5日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR