2017. 05. 19  
台地上に生えていたマユミ、別の日だけどニシキギ属が続いたので序にアップ
マユミ

これでも花盛りです。
マユミ

十字花と言えばアブラナ科を思い浮かべますがこれはそれ以上に十字花、雄しべが花弁の間にクロスするように伸びている。花弁基部が少し赤みを帯びる。
マユミ

ツリバナやコマユミに比べて雄しべや雌しべが長く伸びている。
マユミ

未熟な時期の葯は橙赤色
マユミ

熟して花粉を出していますが皆外向きです、少しでも自家受粉を避ける工夫でしょうか。
マユミ

葉は対生でちょ楕円形、細かな鋸歯がある。随分虫に食われている。
マユミ

ニシキギ科ニシキギ属

(5月11日撮影)
2017. 05. 19  
ツリバナの側に生えていたので序でに撮影、こちらも普通に見られます。
コマユミ

花が緑色で地味ですが葉に比べて明るいので割と目を引きます。
コマユミ

葉腋から集散花序を出す、ほんの数個ですが。
コマユミ

花弁4枚雄しべ4本、中央に雌しべの柱頭が見えているかな。花弁の間から見えているのが萼片のようです。
コマユミ

横から見るとツリバナに比べてハッキリとした花糸があります。
コマユミ

葉は対生で長楕円形または倒卵形、細かな鋸歯がある。
コマユミ

ニシキギ科ニシキギ属

(5月5日撮影)
2017. 05. 19  
林内で普通に見られるツリバナ、でも花や実がないと気が付きません。
ツリバナ

葉腋から長い花序軸を伸ばし集散花序をつける、まさしく吊花
ツリバナ

花弁は5枚雄しべは5本雌しべ1本、地味なニシキギ科にしては珍しく花弁に色がある、それでも地味ですが。
ツリバナ

花弁が4枚のもありました。
ツリバナ

発達した花盤から雄しべや雌しべが僅かに突き出ているのが可愛い。
ツリバナ

葉は対生で卵形または長楕円形、細かく鈍い鋸歯がある。
ツリバナ

ニシキギ科ニシキギ属

(5月5日撮影)
2017. 05. 19  
林道や林縁などで割と見られるハナイカダ、花自体は超地味なのでこの名前でなければ注目されることもないでしょうね。
ハナイカダ(雌花)

雌雄異株でこれは雌株、普通一つの葉に一つの雌花をつける。
ハナイカダ(雌花)

花弁4枚に柱頭4裂、3の事もあります。
ハナイカダ(雌花)

花柄は太く短い、子房の膨らみが見えている。
ハナイカダ(雌花)

こちらは雄株
ハナイカダ(雄花)

花は複数つけますがこれは少ない。
ハナイカダ(雄花)

4枚の花弁に4本の雄しべ
ハナイカダ(雄花)

花柄は雌花に比べて細く長く子房の膨らみはない。
ハナイカダ(雄花)

枝から直接花を咲かせているのがありましたが正確には芽鱗についた花だそうです。
ハナイカダ(雄花)

随分花をつけているのもありました、一見して多いのがわかります。
ハナイカダ(雄花)

雄花が5つ、もっと多いのもあります。
ハナイカダ(雄花)

一つの葉に花序が2つ、こういうのは初めてみました。
ハナイカダ(雄花)

鋸歯の先端は棘状になり先端は腺になっているそうです。
ハナイカダ(葉)

ハナイカダ科ハナイカダ属

(5月5日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR