2017. 05. 27  
荒れ地にニワゼキショウと一緒に咲いているヒナギキョウ
ヒナギキョウ

もう随分咲いていてもっと前に咲いていたようです。
ヒナギキョウ

キキョウに良く似た花、雛桔梗の名前がピッタリ
ヒナギキョウ

キキョウ3姉妹(勝手命名、他にキキョウソウ、ヒナギキョウソウ)の中で一番のお気に入り
ヒナギキョウ

柱頭は3裂、毛が生えているようです。花柱もそれ程細くはないけどそれより柱頭がずいぶん大きい。
ヒナギキョウ

花冠の下に細長い子房、果実もほぼそのままの形になるようです。今年は種子を見てみなくては、でもここも草刈りされやすいからな。
ヒナギキョウ

葉は茎の下部に集中、ヘラ型~秘湯心形で波状の鋸歯がある。
ヒナギキョウ

キキョウ科ヒナギキョウ属

(5月17日撮影)
2017. 05. 27  
藪の中に生えていたミゾコウジュ
ミゾコウジュ

かっては普通に見られる野草だったそうですが全国的に現象、各地で絶滅危惧種に指定され本県でも絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
ミゾコウジュ

シソ科らしい唇形花、花冠や萼片に毛が多い、下部に苞葉があるようです。
ミゾコウジュ

花糸に三角状の突起があります。同属のキバナアキギリに仮雄しべと同様のものでしょうか。ここから昆虫が入ると上から雄しべの葯が下がってきて花粉を背中につけます。ミゾコウジュでは初めて見ましたが小さな花なので気が付かなかったようだ。
ミゾコウジュ

対生する葉には短い柄がある。葉脈が凹み細かな皺がある。
ミゾコウジュ

茎は四角で下向きの細毛が生える。
ミゾコウジュ
(5月17日撮影)

後日近くの場所、背後の耕作地は昨年大群生していた場所、今年は作物を植えるようで耕されていて群生は無理のようです、でも片隅に生えていました。
ミゾコウジュ

これで50cm程、1mくらいになることもあります。上部で枝分かれして花穂をつけますが一斉に咲くことはないようで地味ですね。
ミゾコウジュ
(5月22日撮影)

シソ科アキギリ属
2017. 05. 27  
昨年花が一つしか咲いてなかったので心配でしたが無事咲いてくれました。
アサツキ

何時もは藪がひどくて葉は撮りづらいですが今年は直前まで草刈りされて見やすかった。葉の色がネギより薄いから浅葱
アサツキ

今年は周りにいくつも見られました、20以上あったな。
アサツキ

でも一週間後来てみたら殆ど刈り取られていた、種子をつけるまで残らなかったな。
アサツキ

野菜とは思えない淡紫色の綺麗な花、蕾の先端が3裂して雌しべのように見えています、雌しべじゃないけど。
アサツキ

花被片6枚、雄しべ6本、6室の子房から雌しべが突き出ている。仲間のラッキョウとよく似ています。
アサツキ

横から見ると雄しべは花被片とほぼ同長のように見えます。シロウマアサツキは同長か長い、でもここはシロウマアサツキの分布域から外れているんですけどね。
アサツキ

ヒラタアブの仲間が訪問、口吻の形からして花粉目当てでしょうか。
アサツキ

ヒガンバナ科ネギ属

(5月17日撮影)
2017. 05. 27  
林縁に生えているミヤマナルコユリ、ミヤマとついているけど麓で普通に見られます。ナルコユリはいたる所で見られますがミヤマナルコユリは湿っぽい場所が好きなのか台地上ではまず見られません。
ミヤマナルコユリ

葉は卵形または長楕円形、ナルコユリは披針形でこちらの方が幅広く見えます。主脈に白い筋が入っていますが園芸種の血をひいているのかもしれない。
ミヤマナルコユリ

花序が左右に分かれています、下にぶら下がるナルコユリとの一番の違い
ミヤマナルコユリ

葉脈から出た長い果柄が葉の主脈に沿って伸びています。
ミヤマナルコユリ

葉の基部に緑色の突起があるのはナルコユリと同じ、
ミヤマナルコユリ

キジカクシ科アマドコロ属

(5月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR