2017. 05. 30  
溜池に葉を広げているフトヒルムシロ、今まで別の溜池で一度だけ見ていましたが全く近寄れず、あまり足を運ぶこともありませんでした。
フトヒルムシロ

水面に浮かんでいる浮葉、水中には枕水葉があり区別にはそちらの方が肝心のようだ。浮葉は楕円形で縁が波打ち赤みを帯びているのも多い。
フトヒルムシロ

水面から花穂を直立させる。
フトヒルムシロ

この日は無風で水面が鏡のよう、反射して写っています。
フトヒルムシロ

望遠で撮ってみましたが何とか花が咲いているのは分かる。かなり特異な構造をしているようでマクロで撮ってみたいよ~。
フトヒルムシロ

手を伸ばして何とか一株引き上げてみました、沈水葉はついてなかった。
フトヒルムシロ

これが托葉でしょうか、長さ4-8cm,やや固く宿存する傾向が強いそうです。ヒルムシロの托葉は膜質で腐朽しやすいそうです。
フトヒルムシロ

花穂だと思ったけど果実に生っていました、昨年のが残っているんでしょうか。
フトヒルムシロ

画面上部に見えるのが果実かな、4つあり花柱が残る、翼のある果実のようにみえるのは葯隔かもしれない。発芽率は悪く殆どシードバンクを形成するとか。
フトヒルムシロ

ヒルムシロ科ヒルムシロ属

(5月17日撮影)
2017. 05. 30  
荒れ地に生えていたイヌタデ属、さすがにイヌタデはまだ早いだろ、でももうそろそろですね。春に咲くから春蓼だけど花期は4-10月と長い。
ハルタデ

これで草丈20cm程度
ハルタデ

もう一株ありました、ここは他の野草があまり生えていなかったので分かりやすかった。
ハルタデ

葉に黒紫色の斑紋があります、イヌタデはこれがあっても薄く目立ちません。
ハルタデ

托葉鞘の縁に短い毛が生える、イヌタデは長毛
ハルタデ

この仲間は花はどれを撮っても同じですがドアップを撮るのはもう性(笑)、柱頭が2岐しているのが分かります。雄しべは外側のは大抵5本ありますが内側のは数が不定かな、これは2本あるようだ。
ハルタデ

タデ科イヌタデ属

(5月17日撮影)
2017. 05. 30  
フランスギクを背景に咲いているヤナギハナガサ、人の背丈ほどあるんですが写真だと分かりづらいですね、肉眼だとすぐ分かるんですが。左側に高く伸びているのはスイバ。
ヤナギハナガサ

よく似たアレチハナガサが花は疎らなのに対してこちらは密集して花を咲かせるのでより華やかに見えます。
ヤナギハナガサ

クマツヅラ科らしい花、これも花筒内部に毛があり蕊は見えていません。
ヤナギハナガサ

花筒が長く伸びるのが特徴、アレチハナガサは短い。
ヤナギハナガサ

花筒部を含めて長さ1cm程、花筒に毛が生えている。
ヤナギハナガサ

葉の基部がやや広がり茎を半ば抱く、対生しているので抱え込んでいる状態になります。アレチは抱かないが茎を抱くダキバアレチハナガサがありますがまだ見たことはありません。
ヤナギハナガサ

茎は四角く毛が多い、腺毛が混じる。
ヤナギハナガサ

クマツヅラ科クマツヅラ属

(5月17日撮影)
2017. 05. 30  
フランスギクと一緒に咲いているペラペラヨメナ、フランスギクはいたる所で咲いていますがこちらはそれ程見かけません。
ペラペラヨメナ

紅白の花があるので分かりやすい、しかしペラペラヨメナでは可哀そう、紅白の花があるので別名源平小菊
ペラペラヨメナ

頭花は白から赤に変化するようです、右下の花が遷移途中のはなでしょうか。
ペラペラヨメナ

直径2cm程の頭花、同属のヒメジョオンとよく似ていますがさすがに間違えることはないでしょう。
ペラペラヨメナ

赤くなった花、舌状花が立ち上がっているようにみえるので閉じかけているんでしょうか。
ペラペラヨメナ

カップ型の総苞、先端が尖っている。
ペラペラヨメナ

上部の葉は全縁で無柄、下部の葉は有柄で3-5裂
ペラペラヨメナ

キク科ムカシヨモギ属

(5月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR