2017. 05. 31  
林縁に生えているシナアブラギリ、規則正しく枝を伸ばしている樹形がよくわかります、高さ10mくらいですがその割に幹は細い。
シナアブラギリ

枝先に円錐花序を出す。
シナアブラギリ

雌雄異花でこれは雌花序のようです。雌花は単生または少数だそうだけどこれは幾つもついているようだ。
シナアブラギリ

上の方の花には手が届かないが一番下の枝に花をつけていた、これも雌花序のようだ。
シナアブラギリ

白い花で花の奥が赤い。
シナアブラギリ

花柱は3-5本、これは5本あるようで先端が2裂、子房から直接花柱が出ているように見えるのがトウダイグサ科らしい。
シナアブラギリ

萼片も赤い。
シナアブラギリ

葉は互生で卵形~広卵形、上部が3浅裂するのもある。
シナアブラギリ

葉身基部表側に2個の蜜腺、なんとも艶めかしい色。アブラギリの蜜腺は柄がある。
シナアブラギリ

トウダイグサ科アブラギリ属

(5月17日撮影)
2017. 05. 31  
林縁に生えていたタカノツメ、右側に見えているのが幹で枝が柔らかいのか垂れ下がり気味。
タカノツメ

短枝の先に散形花序を出す、雌雄異株でこれは雌株
タカノツメ

花序は疎らで枝分かれしているようだ。
タカノツメ

花弁は落ちているようです、雌花に雄しべはなく花柱は2裂
タカノツメ

同じ場所に雄株もありました、枝はまるで蔓のようです。
タカノツメ

近くに雄株がありました、枝が垂れ下がっている様子が分かります。
タカノツメ

目の高さに咲いているけど足場が悪い。
タカノツメ

雄花序は雌花序に比べて随分密集、枝分かれもしていないようです。
タカノツメ

4枚の花弁は反り返り雄しべは突き出る、雄花だが1本の雌しべがある。
タカノツメ

葉は互生で短枝の先に集まって付く、3出複葉。
タカノツメ

ウコギ科タカノツメ属

(5月17日撮影)
2017. 05. 31  
休耕地に咲いていた白い花、ソバのようです、花を撮るのは初めてでした。
ソバ

雑然と咲いているしスイバなど雑草も多く以前栽培されていたのが勝手に咲いてきたようです。
ソバ

真っ白な花に雄しべの赤い葯が映えてとても綺麗、因みに花弁はなく萼片です。
ソバ

葯の色が薄いのもありました、萼片が淡紅色のもあるようです。
ソバ

雄しべは8本、外側に5本内側に3本とこれもタデ科らしい、3岐した柱頭も見えています。
ソバ

直立した雄しべ、短い雌しべも見えています。秋に咲くシャクチリソバは長花柱花と短花柱花がありますがこちらはどうなんでしょう。
ソバ

奥に見えている黄色いのは腺体それとも蜜腺
ソバ

葉は心臓系で先が尖る。心臓系というより五角形ですね。
ソバ

茎は赤みを帯びることもある。
ソバ

タデ科ソバ属

(5月17日撮影)
2017. 05. 31  
4月24日アップしたのと同じ場所、ミズタビラコが大分咲いてきました。点々と白く見えているのが花、明るい3小葉の葉はヘビイチゴです。
ミズタビラコ

だいぶ先上がってきていますがまだ先端までは咲いてないもよう、一月以上かかってゆっくり咲き上がっていくようです。
ミズタビラコ

言わゆくサソリ型花序、茎の先から1-5本の花序が出る、これは2本。
ミズタビラコ

これは基部で別れていますが一株なのかな。
ミズタビラコ

花序の中で花の咲いている場所が一番高くなっているように見えます。やはりその方が目立つんでしょうか。
ミズタビラコ

花の内部を撮るのはさすがに難しい。
ミズタビラコ

ムラサキ科キュウリグサ属

(5月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR