2017. 08. 16  
田圃に生えていたアゼトウガラシ、周りは雑草だらけですがコナギが生えているので田圃だと分かります、コナギは田圃に特化しすぎてほぼ田圃にしか生えないとか
アゼトウガラシ

隣の田圃でもう一株
アゼトウガラシ

更に近くに田圃でもう一株、アゼトウガラシは自然度の高い田圃でないと生えてこないようです、なのでこの辺りの田圃はお気に入り
アゼトウガラシ

上部葉腋から一つづつ花を咲かせる、アゼナよりひと回り大きいかな
アゼトウガラシ

下唇は3裂、中央裂片基部に黄色い斑紋があるのが特徴
アゼトウガラシ

雄しべは4本で上唇の側の2個は短くて葯の先がとがり、下唇の側につく2個は長くて基部に棒状の突起があるそうです、緑色に見えているのが花柱でしょうか
アゼトウガラシ

別の花、やはり2組の雄しべと花柱らしきものが見えています、どうしても手前にピントがあって奥がぼやけている
アゼトウガラシ

横から見ると長い方の花糸が見えています、やはり分解しないと駄目だな
アゼトウガラシ

葉は対生し披針形、浅い鋸歯がある
アゼトウガラシ

アゼナ科アゼナ属

(8月8日撮影)
2017. 08. 16  
田んぼに生えていたウリカワ、同じ田んぼに生えるオモダカと比べるとずっと少ない
ウリカワ

葉は線形、これがウリの皮を剥いた状態に似ているから瓜皮、他のものに似ているから名付けられることはよくありますが剥いた皮に似ていると言われるのはこれくらいかな
ウリカワ

花はオモダカとそっくり、でも葉が全く違うので間違えることはありません、オモダカの葉が特異すぎるんですけどね
ウリカワ

雄しべの花糸は緑色で太くあまり花糸らしくない
ウリカワ

雌雄異花でこの時は雌花は見つからず、雌花の方が先に咲くそうです、既に果実になりかけているのかな
ウリカワ
(8月8日撮影)

後日別の場所で雌花を見つけました、新たに水がはられ葉は水没していますが花は水面の上に出ています。
ウリカワ

ほぼ同じ場所に咲いています、色の違いで雌雄がよく分かります
ウリカワ

細かな柱頭が多数、オモダカと同じく球状になっていますがオモダカの方が密集度が高そう
ウリカワ

花柄が殆ど無いように見えます、手前のは蕾かな果実かな、雄花の花柄に比べてやや太そうです
ウリカワ
(8月13日撮影)

オモダカ科オモダカ属
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR