2017. 08. 17  
ミョウガ自体はあちこちで普通に見かけるけど滅多に花を咲かせない、今まで秋吉台で見ているのは1ヶ所だけ、今回それ以外の場所で初めて見ました、まだあまり開いておらず咲き始めかな
ミョウガ

根本にあるのは苞、これが食用になります、花を咲かせていない苞も見たことないな
ミョウガ

何時も見ている場所にも行ってみたらこちらも咲いていました、ミョウガを見るのはいいけれどヤブ蚊が大変、この時も何匹か飛んでいたけど何故か刺されることもなくホッ
ミョウガ

1日花でこれは今日咲いた花、右には昨日咲いた花が萎んでる、中央に見えるのが明日咲くんでしょうね
ミョウガ

食感も涼しげだけど花も涼しげ、でも構造は結構複雑な花、上下に強く反り返っているのが花冠、中央に大きく突き出ているのが唇弁、蕊のように長く突き出ているのは葯隔、葯隔なんて普通の花で見られることはまずありません
ミョウガ

葯隔の内側にタラコのように見えているのが葯、約としても随分大きい
ミョウガ

先端にあるのが柱頭、まるで水玉、元々花があまり咲かないのに果実は更にならないそうなので野生のを見るのは絶望的かな、でも見てみたい
ミョウガ
(8月8日撮影)

見つかる時は見つかるもので後日別の場所でまた見つけました、ここは割と多く咲いていた、何時も見ている場所もそうですがここも民家近く、野生のミョウガは滅多に花を咲かせませんが栽培種は当然花を多く咲かせるのを選んで育てるので民家近くのもそういうのが逸出した株なので花も咲かせやすいのでしょうか。
ミョウガ
(8月13日撮影)

ショウガ科ショウガ属
2017. 08. 17  
ゲンノショウコは何時も咲き始めばかり撮っているので撮り直してみました、開花を見たのは5月半ば秋頃まで咲いているので花期は随分長いけど盛期は秋ですかね
ゲンノショウコ

西日本では赤花、東日本では白花が多い、秋吉台ではまだハッキリした白花は見たことがありません
ゲンノショウコ

柱頭が開いていない雄性期、柱頭に毛が生えている
ゲンノショウコ

雄しべの葯は2室、パカっと割れて花粉が見えています、毛には腺毛が混じっているようだ
ゲンノショウコ

柱頭が開いた雌性期、雄しべの葯はすっかり落ちている
ゲンノショウコ

柱頭は5裂、ミズタマソウはオール2の花と書いた時オール5はあるかなと言う話になりましたがこれは萼片5花弁5柱頭5裂だが雄しべが10本、惜しい
ゲンノショウコ

茎には開出毛が密生、色白は七難隠すと言いますがゲンノショウコの花の美しさで毛深さを隠してる(笑)、野草の場合毛深さが難とは言えないですけどね
ゲンノショウコ

毛には腺毛が交じる、撮る側から見れば無毛よりは有毛の方が変化があって面白い
ゲンノショウコ

萼片にも毛が密生、こちらも腺毛が混じっている
ゲンノショウコ

葉は掌状に3-5裂する
ゲンノショウコ

フウロソウ科フウロソウ属

(8月8日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR