2017. 08. 23  
林道沿いに咲いていたメドハギ、台地上から麓まで普通に見ることが出来ます、大きくなると上部で枝分かれすることもある
メドハギ

周りにもたくさん生えていたのにこの株のこの枝だけ沢山の花を咲かせていた、メドハギはこういうことがよくあります
メドハギ

花柄が短いので撮りづらい
メドハギ

旗弁は白で基部に紫色の斑紋がある、ハイメドハギツルメドハギのように斑紋は広がりません
メドハギ

3小葉は楔形から倒披針形で細長い
メドハギ

茎はやや木質化し伏毛、葉の裏にも伏毛がある
メドハギ

マメ科ハギ属

(8月13日撮影)
2017. 08. 23  
台地上で咲いているキクイモ、まだ咲き始めなので開いているのは僅かでした、北アメリカ原産幕末頃渡来、戦前は食料や飼料用に栽培されたが最近は健康食品として注目されているようです
キクイモ

塊茎が芋のようなので菊芋、芋の出来ないイヌキクイモがあるようですが違いははっきりしないようです
キクイモ

頭花は6-8cmありますが舌状花が大きく筒状花の部分は小さい
キクイモ

葯筒から出た柱頭がクルリン、クルリン度が大きいな、柱頭が出る頃は葯筒はあまり目立たなくなっているのかな
キクイモ

総苞は短い筒状で総包片に毛が生える
キクイモ

葉は卵形または卵状楕円形、低い鋸歯がある
キクイモ

葉は上部で対生、下部では互生、葉柄や茎に開出毛が生える
キクイモ

花にベニシジミが止まっていました
キクイモ、ベニシジミ

5分位の撮影中全く動かず、口吻も伸ばしてないようだし生きているのか
キクイモ、ベニシジミ

キク科ヒマワリ属

(8月13日撮影)
2017. 08. 23  
こんなとこにもあったトキリマメ、これで予定していた林道に行かずにすんだ、時間の節約(笑)
トキリマメ

ツル性ですが絡む相手がいなかったのかぶら下がってきています
トキリマメ

トキリマメとの一番の違いは葉の形、形だけでなく大きさも大きいので別名オオバタンキリマメ
トキリマメ

葉腋に総状に花を付ける
トキリマメ

花はトキリマメにそっくりです、竜骨弁の先端が尖る
トキリマメ

萼片に毛が生える、腺点もあるそうです
トキリマメ

萼片が萼筒より短いのが特徴、タンキリマメは下側の裂片が長くなる
トキリマメ

茎に毛が多い、トキリマメはもっと毛深いようです、茶色いのは托葉でしょうか、トキリマメとの区別点は幾つもありますがやはり葉の形で区別するのが一番のようです
トキリマメ

マメ科タンキリマメ属

(8月13日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR