2017. 08. 24  
空き地に群生していたウリクサ、アゼナの仲間ですが他とは違い比較的乾燥した場所でも生えてきます
ウリクサ

葉腋から長い花柄を伸ばして花を咲かせる、この姿はやはりアゼナの仲間ですね
ウリクサ

下唇は3裂、各裂片の縁が淡青色、中央裂片基部は濃い青色の斑紋がある
ウリクサ

雄しべは4本、下側に付く2本の基部に棍棒状突起があるそうですが下側に見えているのがそれでしょうか、奥に短い雄しべも見えている、柱頭も見えているかな
ウリクサ

すぐ近くに葉の葉脈が赤紫色になっているのがありました
ウリクサ

日当たりが良いとそうなるそうですが1枚目の写真のすぐ側なんですけどね、斑紋が殆どないのもあり株によって違いがあるのかな
ウリクサ

アゼナ科アゼナ属

(8月13日撮影)
2017. 08. 24  
薄暗い林道沿いなどでよく見かけるハシカグサ、時には田圃脇など明るい場所でも見られます、ここは水路脇、比較的湿っぽい場所が好みのようです
ハシカグサ

葉は対生し卵形または狭卵形、茎の先端や葉腋に白い花を数個つける、一つは既に果実になっている
ハシカグサ

真っ白い花なので日向では白飛びに注意しなければいけません、普通花冠は4裂ですがこれは5裂、雄しべもそれに合わせて5本、中央に柱頭が見えています
ハシカグサ

陰にして撮ってみました、白飛びはしないけどやはり鮮明さにかけますね
ハシカグサ

若い果実、まだ2本の花柱が残っている、萼片に軟毛が生えています、種子を見なくては
ハシカグサ

葉の両面にも毛が多い、萼片が無毛なのをオオハシカグサといい葉にも毛が少ないそうです
ハシカグサ

裏面は脈上に毛が生えているようです
ハシカグサ

アカネ科ハシカグサ属

(8月13日撮影)
2017. 08. 24  
道端や荒れ地で普通に見られるザクロソウ、これは砂利が敷かれた場所にザクロソウだけが生えていたので撮ってみました
ザクロソウ

これでほぼ一株
ザクロソウ

葉は細長く倒披針形、下部で3-5輪生、上部で対生する
ザクロソウ

花弁はなく萼片5枚、花の大きさの割に大きな子房がある
ザクロソウ

雄しべは3本、花粉が出ているのが分かります、花柱はごく短く子房の上に柱頭が乗っかっている、3裂していますがなんとか分かるかな
ザクロソウ

花は集散花序、クルマバザクロソウは葉腋に束生、小さい緑色のは蕾でしょうが赤く大きくなっているのは果実、種子も撮ってきましたがこれは冬ネタ用にとっておく(笑)
ザクロソウ

ザクロソウ科ザクロソウ属

(8月13日撮影)
2017. 08. 24  
今年は開花が遅かったコバノセンダングサ、8月8日ここで開花確認しましたがその時は一つだけだったのでもう一度着てみました、未だそれ程多くは咲いてなかった
コバノセンダングサ

近くにもう少し花をつけているのもありました、在来種のセンダングサは少ないですがこちらは増えているようです
コバノセンダングサ

舌状花の数は不定、これは0かと思ったけど小さいのが1枚見えています
コバノセンダングサ

これは2枚
コバノセンダングサ

3枚、これくらいまでが普通
コバノセンダングサ

4枚
コバノセンダングサ

6枚、こんなに多いのは初めて見ました
コバノセンダングサ

既に果実になっているのもありました、これが前回咲いていた花だとすれば5日程度で果実になるようです
コバノセンダングサ

葉は2,3回羽状に中・深裂する、センダングサは葉がセンダンに似ているから名付けられた、コバノセンダングサは花がセンダングサに似ているから名づけられたと思うがもう元のセンダンとは似てる要素は全くありません
コバノセンダングサ

キク科センダングサ属

(8月13日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR