2017. 08. 26  
ここにもオール5の花がありました、キキョウでした、昨日のマツバニンジンよりはこちらが先に認識していたんですけどね
キキョウ

花冠は5裂、柱頭も5裂
キキョウ

雄しべも5本、普通なら柱頭が開いている頃は雄しべは萎れているんですがこれはハッキリ残っています、まるで私の為に残ってくれたようだ(笑)、それにしてもこの柱頭随分反り返っています、花柱も青いんですね
キキョウ

萼片も先端が5裂、これでオール5完成
キキョウ

何事にも例外はあるようでこれは花冠5裂、雄しべも5本見えていますが柱頭は4裂です
キキョウ

花糸の基部は結構複雑な構造をしている
キキョウ

キキョウ科キキョウ属

(8月19日撮影)
2017. 08. 26  
多数のキキョウが咲いている中で一株だけ色合いの異なるのがありました
キキョウ(薄青)

秋吉台でも白花を見かけますがこれは白とも青とも言えない中途半端な色
キキョウ(薄青)

普通の青色とのツーショット、園芸種にはピンク色のもあるそうですがそんな色でもない
キキョウ(薄青)

左は柱頭が開いた雌性期、右は開いていない雄性期、蕾も多くあり一株の中で長く花を咲かせるようです
キキョウ(薄青)

ここは多数のキキョウが咲いています、ただ純粋な野生のキキョウは少なくなっているそうでここも誰かが種をばら撒いたそうな
キキョウ

キキョウ科キキョウ属

(8月19日撮影)
2017. 08. 26  
秋の花のイメージが強いワレモコウですがここでは8月半ばにはもう終わっています、7月下旬ころから咲き始めているようです
ワレモコウ

幸い未だ咲いているのもありました、穂状花序の場合下から咲き上がることが普通ですがこれは上から下に咲いていきます(極少数だろうから咲き下がるという言葉もなさそう)
ワレモコウ

上部の赤い部分は花の終わり、下はまだ蕾で中間の狭いゾーンが花らしい花の時期です
ワレモコウ

花弁はなく白いのは萼片で4枚、雄しべも4本、バラ科と言えば雄しべが多いのが普通ですがこれは少なくバラ科と思いつきません
ワレモコウ

上の方は萼片が真っ赤になっています、一般に花弁より萼片の方が長持ちするのでこれが秋まで残るので秋の花になったんでしょうね、雄しべは脱落し柱頭も真っ赤になっている、小さな突起があるようで2裂しているかな
ワレモコウ

かなり黒っぽい花もありました、赤い花を見た後ではちとイメージが悪い
ワレモコウ

特徴的な奇数羽状複葉、小葉に粗い鋸歯がある
ワレモコウ

バラ科ワレモコウ属

(8月19日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR