2017. 11. 07  
ラッキョウに比べてヤマラッキョウは少なく今のとここの辺りでしか見ていない、今年は少なかった
ヤマラッキョウ

ラッキョウに比べて花柄が短いのが分かります、長さ1-2cm程、これは花付きが悪くその分花柄の様子がよく分かる
ヤマラッキョウ

花自体では区別が困難、これはあまり開いていない
ヤマラッキョウ

花糸の間に歯芽がありません、しかし無いことを写すのは難しい
ヤマラッキョウ

あればこのアングルで写っているだろうからやはり無いでしょうね
ヤマラッキョウ

ヒガンバナ科ネギ属

(10月25日撮影)
2017. 11. 07  
この時期野生化したラッキョウをあちこちで見かけます、ヒガンバナ科ですが花期にも葉がありますね
ラッキョウ

長い花茎を伸ばして先端に球状の散形花序を付ける
ラッキョウ

青空バック、にしたかったけど花が暗くなるのでこの程度で我慢(笑)
ラッキョウ

ヤマラッキョウに比べて花柄が2.5-3cmと長いので花序が大きくタレ気味です
ラッキョウ

花被片も花糸も花柱も赤紫色だが子房だけ緑色で目立つ
ラッキョウ

柱頭は特に開くことはなさそうです
ラッキョウ

花糸の間に歯芽があるのがヤマラッキョウとの一番の違い
ラッキョウ

花被片を取り除いてみました、歯芽は退化した花糸の痕跡かと素人的に思ったりする
ラッキョウ

ヒガンバナ科ネギ属

(10月25日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR