2018. 04. 05  
根生葉を広げて花を咲かせているコオニタビラコ、以前は探していましたが今は田起こし前の田圃で大抵見られます。
コオニタビラコ

根生葉の中心部が広場のように開いているのもあります。
コオニタビラコ

中心部から花茎を伸ばし斜上して花を咲かせるようです。
コオニタビラコ

舌状花だけの花、大きさ1cm程、舌状花は6-9枚、これはどちらも9枚ですが前の写真の花は12枚くらいあります。ヤブタビラコは15-20枚とずっと多い。
コオニタビラコ

総苞はシンプル、内片に比べ外片はずっと小さい。
コオニタビラコ

葯筒から出た花柱が花粉まみれになっている。
コオニタビラコ

根生葉は羽状深裂、ほぼ無毛。
コオニタビラコ

キク科ヤブタビラコ属

(3月18日撮影)
2018. 04. 05  
台地上で咲いているカンサイタンポポ、関西と名がついていますが西日本一帯に咲いているようです。
カンサイタンポポ

花だけ見ればセイヨウタンポポと区別がつかず、でもセイヨウタンポポの方が舌状花が多く色もやや濃く華やかな気がします。
カンサイタンポポ

セイヨウタンポポは寒い時期は花茎を殆ど伸ばさないことが多いですが在来種は寒い時でも伸ばしています。
カンサイタンポポ

総苞外片が反り返らないのが在来種の特徴、でも在来種も種類が多くここからが難しい(汗)。カンサイタンポポは総苞外片は内片の1/2、先端の角状突起はそれ程目立たないが結構変異がありそうです。カンサイは総苞がホッソリしているのですがこれは太め。
カンサイタンポポ

この辺りに幾つか咲いていましたがみな同じような総苞でした。
カンサイタンポポ

伸びた花茎の元に幾つもの蕾が見えています。これから花茎を伸ばして花を咲かせるんでしょうが急激に伸びてくるんでしょうね、微速度撮影で見てみたいもんだ。
カンサイタンポポ

キク科は最後にこれを撮らなくては終わらない(笑)
カンサイタンポポ

キク科タンポポ属

(3月18日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR