2018. 04. 10  
タチツボスミレとニオイタチツボスミレの雑種マルバタチツボスミレ
マルバタチツボスミレ

台地上では割と見かけるようでニオイタチツボスミレより多い気がします。
マルバタチツボスミレ

花姿はニオイ系だけど色がやや薄いかな。
マルバタチツボスミレ

花柱棍棒状、側弁無毛、白と青の境目は割とくっきり
マルバタチツボスミレ

距はやや長く太め、花柄に毛が生えている。
マルバタチツボスミレ

葉はタチツボスミレに似ているかな、この時期基部が丸く折り畳まれていて形がよくわかりません。
マルバタチツボスミレ

托葉は櫛歯状、深く裂ける。
マルバタチツボスミレ

スミレ科スミレ属

(3月30日撮影)
2018. 04. 10  
林道脇に咲いていたニオイタチツボスミレ、明るい乾いた環境を好むそうでここもそういう場所でした。
ニオイタチツボスミレ

花弁が広く重なり合う、これは上唇にちと隙間があります。
ニオイタチツボスミレ

花柱は棒状、側弁無毛、下唇の白と青の境目がくっきりしているそうですが主観的な特徴はわかりにくい。
ニオイタチツボスミレ

距はやや長め、花柄に毛が生えているのが特徴、タチツボスミレは無毛(でもどちらも例外があるというからややこしい)。
ニオイタチツボスミレ

葉はタチツボスミレより長く先端が丸みを帯びる。
ニオイタチツボスミレ

托葉は櫛歯状、深く裂ける。
ニオイタチツボスミレ

ここで見た中ではこれは一番華やかだったかな。
ニオイタチツボスミレ

左に見えているのがニオイタチツボスミレ、その奥に見えているのは多分タチツボスミレ、右側の2輪はオトメスミレ、この近くではシハイスミレも咲いていた。
ニオイタチツボスミレ

スミレ科スミレ属

(3月29日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR