2018. 04. 29  
林道脇に群生していたヒトリシズカ、やや薄暗い林内や林道沿いでよく見かけますが台地上の草原でも所々で見かけます。
ヒトリシズカ

茎を真っすぐ伸ばし上部に葉を付ける、茎の途中にも鱗片状の葉があるそうです。
ヒトリシズカ

上部の葉は対生しますが節間が狭いので4輪生のように見えます。
ヒトリシズカ

茎の先端に穂状花序を付ける、白いのは雄しべの花糸ですが普通先端にある葯が無いので雄しべのようには見えません。
ヒトリシズカ

緑色の子房から3本の花糸が出ている、上に丸い柱頭が見えている。
ヒトリシズカ

花糸の基部に黄色く見えているのが葯、普通の雄しべとは逆ですがどんな利点があるんでしょうね。
ヒトリシズカ

センリョウ科チャラン属

(4月8日撮影)
2018. 04. 29  
マムシグサ程ではないですがムサシアブミも林道沿いでよく見かけます。3小葉2枚の葉は時には5,60cmと大きくなることもあり目立ちます。
ムサシアブミ

2枚の葉の間に花を咲かせる、花が葉の上に出ることはありません。
ムサシアブミ

1枚目の左の株、葉が展開する前に花を咲かせています。
ムサシアブミ

これなどはまだ葉が殆ど展開してないのに花を咲かせています。展開する前の葉の様子がよくわかる。
ムサシアブミ

仏炎苞上部の緑と白の縞模様は綺麗なのですが
ムサシアブミ

横から見た弦部はチョコレート色でちょっと不気味です。これも雌雄異株ですがあまり切り開く気にはなれない。
ムサシアブミ

サトイモ科テンナンショウ属

(4月8日撮影)
2018. 04. 29  
林道を歩けば幾らでも見かけるマムシグサ、雌雄異株だけど見ているだけではまず分かりません。
マムシグサ(雄花)

色は地味だけど仏炎苞の筋模様は綺麗、先端が開口部を覆っているのは雨水が入らない工夫でしょうか。
マムシグサ(雄花)

仏炎苞付け根の合わせ目に通路状の穴が開いています、これは雄株です。
マムシグサ(雄花)

仏炎苞を取り除いてみました、長い付属体の基部に沢山の雄しべが見えています、間違いなく雄株です。取り除かなくても上から覗くだけでも白や黒っぽい雄しべが見えるので雌雄が分かるんですけどね。
マムシグサ(雄花)

付属体基部の返し、これで中に入った昆虫が出にくくなります。なので中で動き回って花粉をたっぷり付けられやっとの事で通路状の穴を見つけて脱出できます。
マムシグサ(雄花)

これは別の株ですが葯が黒っぽい。
マムシグサ(雄花)

中間の葯が熟して花粉を出していますが両側は未だ未熟、どちらか片方から熟していく植物が普通なんですけどね。
マムシグサ(雄花)

こちらは雌株、と言っても見た目は分かりません。雄株の方が多いのか最初見るのは大抵雄株ですね。
マムシグサ(雌花)

仏炎苞先端が黒くなっていますがこれは個体差で雌雄の違いではありません。
マムシグサ(雌花)

合わせ目には通路状の穴が開いていません、雌花に入った昆虫は上部から脱出できない限りここで一巻の終わりです。
マムシグサ(雌花)

多数の緑色の子房、これも上から覗けば緑色が見えるので雌雄が分かります。
マムシグサ(雌花)

子房から短い花柱と白っぽい柱頭、毛が生えているようです。
マムシグサ(雌花)

サトイモ科テンナンショウ属

(4月8日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR