2018. 04. 30  
この辺りだけでしか見ていないジロボウエンゴサク、出来れば予備の場所を見つけたいんだけどな。国レベルでは絶滅危惧種にはなっていませんが本県では絶滅危惧Ⅱ類になっています。
ジロボウエンゴサク

時折日が当たっていい雰囲気
ジロボウエンゴサク

ここのは淡赤色のが多いですがこれはちょっと色が濃かった。
ジロボウエンゴサク

距を上にして直立するように咲いています。
ジロボウエンゴサク

花の正面はまるで仮面のよう
ジロボウエンゴサク

距に蜜が溜まっているようです、花は殆ど開口していないのでそこから入ってここまで来るにはかなり力がいりそうです。それによって昆虫を選別しているんでしょうね。
ジロボウエンゴサク

卵形の苞葉、ヤマエンゴサクは先端が裂ける。もう殆ど色と場所で区別していますが。
ジロボウエンゴサク

2回3出複葉、小葉は更に3裂する。
ジロボウエンゴサク

ケシ科キケマン属

(4月8日撮影)
2018. 04. 30  
この辺りに多少まとまって生えているタイリンアオイ、この日開花していたのはこの一輪だけ、他にもっと大きな葉もあったのにね。
タイリンアオイ

見ようによってはかなり不気味な花、でもカンアオイ属3種の中では一番お気に入り、他のと違い花が上向きなので撮りやすい。
タイリンアオイ

萼片基部の突起がまるで次から次へと生え変わる歯のよう。
タイリンアオイ

これは比較的開口部が大きいけど流石に内部を撮るのは無理。
タイリンアオイ

萼片には短毛が密生。
タイリンアオイ

丸い萼筒、こちらにも毛が生えている。
タイリンアオイ

ウマノスズクサ科カンアオイ属

(4月8日撮影)
2018. 04. 30  
秋吉台で見られるカンアオイ属はこのサンヨウアオイとミヤコアオイタイリンアオイの3種、葉を見ても区別つかないので取り敢えず根本に花が咲いてないか確認します。
サンヨウアオイ

蕾があったが未だ開花してなかった。丸い部分が萼筒で三角形が組み合わさった部分が萼片です。(ただこれは雑種の可能性が拭いきれない)
サンヨウアオイ

葉の模様が全く違うのもありますがこれは種の違いではなく個体差。
サンヨウアオイ

これは開花していました、ミヤコアオイとの違いは萼筒部分の溝の数、こちらの方が数が少ない。
サンヨウアオイ

地面際に開花、地面を這い回る虫がポリネーターになっているんでしょうか。
サンヨウアオイ

ウマノスズクサ科カンアオイ属

(4月8日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR