2018. 05. 02  
林道脇に咲いているツルカノコソウ、カノコソウよりひと足早く咲き始めます。カノコソウは台地上でも普通に見られますがこちらは台地上ではまず見かけません。
ツルカノコソウ

成長すると4,50cmにもなりますがこれはまだ咲き始めで丈が低い、でも一人前に花を咲かせている。4月末にも行って成長したきれいな姿があちこちで見られましたが一度撮ってしまうと写欲がなくなってしまう。
ツルカノコソウ

散房花序、白い花を多数つける。
ツルカノコソウ

花弁も蕊も白いので白飛びしてしまった。左側の花に見えているのが雄しべの葯、脱落しやすくてなかなか撮れません。
ツルカノコソウ

柱頭は3裂だそうですがこれは2裂のように見える、角度の関係かな。
ツルカノコソウ

葉は羽状に裂ける、頂小葉が大きく側裂片は1-3対
ツルカノコソウ

スイカズラ科カノコソウ属

(4月8日撮影)
2018. 05. 02  
薄暗く湿っぽい場所に生えているマルバコンロンソウ、秋吉台で確認しているのはここともう1ヶ所だけ。
マルバコンロンソウ

花自体はタネツケバナの仲間はどれも同じだけどこれは葉が可愛い。
マルバコンロンソウ

薄暗い場所なのでまともに撮れたのはこれだけ、子房に毛が生えているのがなんとか分かる。
マルバコンロンソウ

萼片や花柄にも毛が多い。
マルバコンロンソウ

裂片は円形~卵形、粗く鈍い鋸歯がある。
マルバコンロンソウ

頂小葉がやや大きい、表に毛が生えている。
マルバコンロンソウ

アブラナ科タネツケバナ属

(4月8日撮影)
2018. 05. 02  
所謂菜の花でこれはセイヨウカラシナ(カラシナ)、道端などあちこちで野生化しています。ナノハナという種はなくアブラナ属の総称で主にカラシナとアブラナ(セイヨウアブラナ)があります。なんて言っているけど初心者の頃はナノハナでアップしていたな(^^;)
セイヨウカラシナ

両者の区别は花だけでは難しそう、セイヨウが付くかどうかはもっと困難で区別する必要もないかなと思って初めから放棄(^^;)
セイヨウカラシナ

アブラナは基部が茎を抱くけどこちらは抱かない、これが一番の識別点です。
セイヨウカラシナ

黄色い十字花、雄しべは6本、扁平な柱頭。
セイヨウカラシナ

萼片は線形、初めは斜めに立ちますが花が開くに連れて平開します。
セイヨウカラシナ

アブラナ科アブラナ属

(4月8日撮影)
2018. 05. 02  
水路から引き上げられたオランダガラシ、所謂クレソン、この辺りの水路に繁茂していますが流れの邪魔になるので引き上げられたようです。
オランダガラシ

ただそのままなのですぐ花を咲かせている。
オランダガラシ

清流を好むし白い清楚な花なのですが繁殖力が強すぎて嫌われ者になっています。
オランダガラシ

白い4弁花、6本の雄しべ、扁平な柱頭といかにもアブラナ科らしい花。
オランダガラシ

花弁に葉脈のようなのが見えるのもありました。花弁は花が変化したものなのでまだその痕跡が残っているのでしょうか。
オランダガラシ

茎は無毛、葉柄基部は半ば茎を抱く。
オランダガラシ

羽状複葉、清潔な場所ですが食べようなんて気には全くなりません。
オランダガラシ

アブラナ科オランダガラシ属

(4月8日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR