2018. 05. 03  
林道を歩いていると普通に見られるアケビ、秋吉台では他にミツバアケビゴヨウアケビも見られますが中休みしている内にすっかり終わってしまった。
アケビ

上に伸ばした葉の下に花序を垂れ下げる、雌雄異花で見えているのは殆ど雄花序です。
アケビ

小葉は5枚で鋸歯がないのが特徴、ミツバアケビは3枚で波型の鋸歯があります。
アケビ

こちらは別の場所の雄花序
アケビ

反り返った萼片、手毬というか鉄の爪というか面白い形の雄しべ
アケビ

花茎の先端に雄花序、途中から雌花が出ますが数は1,2個、雌花が付いていないのも多い。
アケビ

雄花より一回り大きい雌花、棒状の雌しべが多数、小さな緑色のは成熟できなかった雌しべでしょうか。
アケビ

蠱惑的な雌しべの柱頭
アケビ

アケビ科アケビ属

(4月8日撮影)
2018. 05. 03  
雌雄異株のクロモジ、これは雌株でお株に比べて大分少ない。今まで果実を撮っていないのでここは場所をが分かりやすいので秋になったら撮らなくては。
クロモジ(雌花)

花が咲くと同時に葉が展開し始めます。
クロモジ(雌花)

花の色は地味だけど構造が面白いので毎年撮ってます。
クロモジ(雌花)

半透明の花弁は6枚、中央に白く見えているのが柱頭でその周囲に見えている黄色いのが腺体で2個ずつ3組あります。その外側に突起のように見えているのが仮雄しべですが退化した雄しべでしょうね。
クロモジ(雌花)

横から見ると雌しべが突き出ているのが分かる、柱頭は三角形のような形、3裂しているのかな。
クロモジ(雌花)

花柄に割と長い毛が生えている。
クロモジ(雌花)

雄株は普通に見られるので探すのは苦労しません。
クロモジ(雄花)

雄株の方が花の数は多いようです、先に咲くので葉も大分展開しています。
クロモジ(雄花)

外側に6本、内側に3本の雄しべ、売り側のには腺体が付いています。雄しべの葯はまるで蟹の目のよう。退化した雌しべもあるそうですがこれは見えていません。
クロモジ(雄花)

クスノキ科クロモジ属

(4月8日撮影)
2018. 05. 03  
まるで草のように地面に広がって花を咲かせているヤマツツジ、これでも立派な樹木、小低木でせいぜい2,3mくらいにしかなりません。
ヤマツツジ

やや暗い朱色、秋吉台でよく見られるのに他にコバノミツバツツジがありますがそちらは明るい色なのでより華やかです。撮るつもりだったけど中休みしている間にすっかり終わってしまった。
ヤマツツジ

日が当たると流石に華やか。
ヤマツツジ

花弁だけでなく花糸も朱色、雄しべは普通5本
ヤマツツジ

花柱も朱色、小さく膨れた柱頭も朱色、昆虫だと違った模様に見えるんでしょうか。
ヤマツツジ

花冠に比べて萼がちっちゃい、萼片や花柄に毛が生えている。
ヤマツツジ

枝先4輪生のように見えていますが互生、春に出る新葉は秋には枯れるそうですが夏に出るのは冬を越すことが多いそうです。
ヤマツツジ

ツツジ科ツツジ属

(4月8日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR