2018. 05. 05  
秋吉台の希少な野草の中でも特に希少なウラジロイカリソウ、生えているのは多分ここだけ。基本的にはトキワイカリソウと同じ、左側の黒っぽい葉が越年した去年の葉のようです。
ウラジロイカリソウ

少し早いかなと思いましたが綺麗に咲いていました。碇に似ているから碇草、でも現代の碇ではなく4本の角がある昔の碇ですね。
ウラジロイカリソウ

花弁のように見えているのは萼片で4枚ある、外側にもう4枚あるそうですが早落性で見られません。
ウラジロイカリソウ

もう一株ありました、こちらの方が先に見つけたけどすごい急斜面で接近困難、左に見えているのはサツマイナモリまだ蕾でした。
ウラジロイカリソウ

花の内側にカップのようになっているのが花弁です。
ウラジロイカリソウ

距の先端に蜜が溜まっています、こんな細い距の先にどんな昆虫が訪れるんでしょうね。
ウラジロイカリソウ

花弁の一部が捲れて内部が見えていました。緑色の子房から伸びた花柱と先端の柱頭、雄しべは4本で鈎型の葯が見えています。
ウラジロイカリソウ

2回3出複葉、イカリソウ属の葉は左右非対称なのが特徴。葉の裏に毛があることからウラジロですがこれじゃ分かりませんね。
ウラジロイカリソウ

メギ科イカリソウ属

(4月13日撮影)
2018. 05. 05  
ウラジロイカリソウの側で咲いていたシュンラン、これはラッキー。
シュンラン

盗掘されやすく数を減らしていますが割とあちこちで見かけます、思いがけない場所に咲いているのを見つけるとやはり嬉しい。
シュンラン

左右に伸びるのが側萼片で上のが上萼片、中央左右に短く見えているのが側花弁で下の白いのが唇弁、ラン科の花の形は千差万別ですが基本的にはこの構造をしています。
シュンラン

白い唇弁には赤い斑紋、奥に蕊柱が見えている。
シュンラン

花茎は膜質の鱗片に包まれる、唇弁先端が下側に反っている。急斜面の場所で動き回れずほぼ同じ方向から撮影。
シュンラン
(4月13日撮影)

後日別の場所、多分初めての場所なので挨拶代わりにパチリ、まだ上萼片が開いてなくて帽子のように被っています。
シュンラン
(5月1日撮影)

ラン科シュンラン属

2018. 05. 05  
こんなとこに咲いていたフデリンドウ、日当たりの良い場所だから咲いていてもおかしくないけど平らな場所だから人が歩く可能性もある、うっかり踏み潰しそうになったよ。
フデリンドウ

これも割と早く咲き始めるから春の訪れを告げる花ですね。
フデリンドウ

花冠は5裂
フデリンドウ

柱頭が2裂、その下に雄しべが見えている。
フデリンドウ

広卵形でやや厚めの葉
フデリンドウ

こちらは別の場所、笹薮の中ですがこの時期日がさすので群生している。
フデリンドウ

リンドウ科リンドウ属

(4月13日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR