2018. 05. 20  
こんなとこにもコクサギが生えていた。
コクサギ

雌雄異株でこれは雄株、前年枝の葉腋から総状花序を出す、色は緑色で地味。
コクサギ

4本の雄しべが直立
コクサギ

花柄に毛が生えている。
コクサギ

葉が2枚づつ互生するコクサギ型葉序、花ばかり撮っているとついこれを忘れてしまう。
コクサギ

同じ場所に雌株もあった、雌花は雄花よりやや大きい。
コクサギ

茎から単生する、花柄は雄花に比べて太く長い、途中に苞葉がある。
コクサギ

花弁萼片とも4枚、子房が4つ、柱頭が4裂しているのが分かる。
コクサギ

雌花だが退化した雄しべが残っている。
コクサギ

ミカン科コクサギ属

(5月1日撮影)
2018. 05. 20  
麓の生えている1本のニガキ、下側の枝が伐採されて異様な姿をしています。初めて見つけた場所は林道の一番奥、そこは行くのが大変だし花も撮りにくいので最近は専らここ、やはりどうしても楽をする。
ニガキ

幸い下の方から新しい枝が出ていた、雌雄異株でこれは雄花。
ニガキ

薄緑色の地味な花を多数つける。
ニガキ

4数性の花、花糸下部に毛が生えている。中央の緑色のは花盤で雌しべの痕跡があるかな。
ニガキ

5数性のもあります、花弁は反り返らないようだ。
ニガキ

奇数羽状複葉、小葉は大きく4-6対
ニガキ

近くに雌株もあります、これもここで撮る理由の一つ。
ニガキ

雄花序に比べて雌花序は花の数が少ないので分岐していく様子がよくわかります。
ニガキ

雌花ですが雄しべも残っています、雄花のに比べて小さく機能してないようだ。花盤の上に緑色の子房、花柱が伸びて柱頭は4裂のはずがこれは3裂のようだ。
ニガキ

雌花も5数性のもあります、柱頭も4裂。
ニガキ

花柱から柱頭が開く様子、花柄に毛が生えている。
ニガキ

ニガキ科ニガキ属

(5月1日撮影)
2018. 05. 20  
道路脇に白い花を咲かせているヤブデマリ、林道のあちこちで見ていますが最近は専らここ、近くに序での花もあるしね。
ヤブデマリ

枝からまっすぐ花序枝を伸ばして葉の上に花を咲かせる。
ヤブデマリ

これで10cm以上ありました、散房花序でほぼ水平に花序を広げる。
ヤブデマリ

生殖花の周りを装飾花が取り囲む。
ヤブデマリ

生殖花は5数性、花弁は反り返り5本の雄しべが立つ、太く短い雌しべが見えているけどあまり伸びないのかな。
ヤブデマリ

装飾花は5裂で内側の花被片だけが小さい、そうだけどこれは2枚が極小さい。
ヤブデマリ

装飾花ですが雌しべが見えています、雄しべも1本見えている。秋に果実を探すんだがここでは見ていないな。
ヤブデマリ

葉は対生で楕円形~広楕円形、鈍い鋸歯があり先端は尖る。
ヤブデマリ

レンプクソウ科ガマズミ属

(5月1日撮影)
2018. 05. 20  
地面際に白い花が見えたので近寄ってみたらムベでした、巻き付く相手がいなかったのかな。右側の若い葉が今年ので左に見えている濃い葉は昨年の葉のようです。
ムベ

雌雄異花でこれは雄花だけの花序
ムベ

大きな外花被片と細く小さい内花被片、色は白から淡紅紫色のものまで色々、私的には蛸の足のように見えます。
ムベ

雄しべは6本、基部に見えているのが合着した花糸でしょうか、葯も2重構造になっているように見えます。
ムベ

こちらの花序は雌雄が混在、花の数が少ない、左の2つが雄花で右が雌花、雌花の方がずっと大きい。雌花は少ない上に果実も滅多になりません。
ムベ

子房が3つ見えています。
ムベ

一つの子房も3室に分かれているかな、柱頭もそれぞれ3つあるようだ。
ムベ

掌状複葉で小葉は5-7枚、これはまだ柔らかそうですがこの後革質で黒っぽくなります。
ムベ

別の場所、樹上に沢山の花を咲かせていたので思わず撮影、これはちょっと赤っぽい。
ムベ

アケビ科ムベ属

(5月1日撮影)
2018. 05. 20  
ヒノキの幹を這い上がっているツタウルシ、ツル性なので高く登った先に花を咲かせ手が届かないことが多いですがこれは低い所に花が咲いていました。
ツタウルシ

葉腋から総状花序を出す、雌雄異株でこれは雄花
ツタウルシ

5数性の花、花弁は反り返り雄しべが突き出ている。
ツタウルシ

雄花ですが雌しべも何とか見えている。
ツタウルシ

柱頭は開いて3裂しているようにも見えます、ただ雌花は雄しべがすっかり退化しているようです。まだ秋吉台何ヶ所かで見ていますが雌株は見たことがありません。
ツタウルシ

気根を出して幹に付着する、ただ付着力はあまり強くないようで引っ張るとあっさり剥がれました。
ツタウルシ

葉は互生で3出複葉、小葉は卵形または楕円形。
ツタウルシ

ウルシ科ウルシ属

(5月1日撮影)
2018. 05. 20  
林の中に生えているタカノツメ、時には高木になるけど幹はそれ程太くならないような。
タカノツメ

名前は御大層だけどウコギ科の地味な花、冬目が鷹の爪を思わせるから名付けられたそうですが冬芽なんて見ないもんな。
タカノツメ

近くにもう1本ありました、雌雄異株だけどここは雄株だけだった。
タカノツメ

球状の散形花序、周辺部から咲いてきます。普通4数性だが5のも混じっている。
タカノツメ

反り返った花弁、雄花だが雌しべの花柱も残っています。花盤に蜜が溢れている。
タカノツメ

葉は互生で短枝の先に集まってつく、3出複葉。、
タカノツメ
(5月1日撮影)

後日別の目的で来てみたら雌株がありました、それも2本、なんで今まで気が付かなかったんだ(^^;)
タカノツメ(雌花)

雄花序に比べて雌花序の花の数は少なそうです。
タカノツメ(雌花)

雌花に雄しべはない、既に花弁も落ちてクルリンした雌しべの花柱が残っていた。
タカノツメ(雌花)
(5月17日撮影)

ウコギ科タカノツメ属
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR