2018. 05. 29  
遊歩道上に咲いていたコキンバイザサ、県の絶滅危惧IB類で数は少ない。一ヶ所で群生していますがそこ以外は見つかればラッキーという程度、と言いつつこのコース2,300mで20以上咲いていましたけどね。
コキンバイザサ

右側が本物の笹(多分)、それに似ていてキンバイザサより小さいから小金梅笹、花もいいけど名前もいいな。
コキンバイザサ

葉が線形なので花が咲かないとまず分かりません。
コキンバイザサ

根本から長い花柄を伸ばして花を咲かせる、大抵一つだけ。2つ咲くと書かれていることもありますが見たことないな。
コキンバイザサ

大きさは5,6mm程度、花弁6枚雄しべ6本、花柱が2本あるのが何とか分かります。
コキンバイザサ

花弁はほぼ平開、先端に毛が生えている。
コキンバイザサ

花柄や子房にも長毛が生えている。
コキンバイザサ

花弁の大きさが不揃いのがありました、数も5枚、偶に4枚のもあったりします。
コキンバイザサ

キンバイザサ科コキンバイザサ属

(5月17日撮影)
2018. 05. 29  
台地上の遊歩道沿いなどで普通に見られるタツナミソウ、ツクシタツナミソウとは一見して葉の形や色が違うのがわかります。
タツナミソウ

笹原から顔を出すことはないですがこの時期まだ笹が成長してないので日当たりは問題なし。
タツナミソウ

花が上の方に集中する傾向があるんでしょうか。
タツナミソウ

上唇隙間から蕊が見えています、撮影時には気が付かず。
タツナミソウ

花冠に腺毛が密生、ここだけ見るとハゲタカのよう。
タツナミソウ

撮影中花冠が丸ごとポロッと落花。
タツナミソウ

これを利用して蕊を観察、シソ科らしい長短2組の雄しべ、その間に小さく2裂した柱頭が見えています。普通花冠が丸ごと落ちても花柱は残ることが多いのですがここは幾つも花が落ちていましたが花柱は残っていませんでした。
タツナミソウ

葉は広卵形で先は丸みを帯び基部は心形、鈍い鋸歯がある、両面に軟毛が多い。
タツナミソウ

茎は四角く赤みを帯び曲がった毛が密生している。
タツナミソウ

シソ科タツナミソウ属

(5月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR