2018. 05. 31  
芝生の中に咲いているチシマタンポポ、ヨーロッパ原産で千島とは何の関係もありません。
チシマタンポポ

頭花はタンポポとそっくりです、この時期在来タンポポはもう見られずセイヨウタンポポばかりですが。
チシマタンポポ

葉はタンポポと全く違います、全縁でタンポポのように羽状に裂けることはありません。
チシマタンポポ

葉の表裏や茎に長毛が生えている。
チシマタンポポ

舌状花はタンポポの比べて切れ込みが深いようです。
チシマタンポポ

花の裏側は見なければよかった、と思うほど剛毛が凄い。外側の舌状花裏側が赤紫色。
チシマタンポポ

腺毛も混じっています。
チシマタンポポ

タンポポは花後に一度うなだれて倒れますが果実期になると花の時より伸びる、こちらは花後もそのまま伸び続けるようです。完全に後ピンになっていますが雰囲気は分かるのでそのままアップ。
チシマタンポポ

キク科ヤナギタンポポ属

(5月17日撮影)
2018. 05. 31  
この辺りに群生しているハルジオン、ほぼ年中見られるヒメジョンと比べてほぼこの時期限定です。
ハルジオン

白っぽい花が多いですがここのは赤味が強い。
ハルジオン

ハルジオンとヒメジョオンの区別方は幾つかあります。ハルの方は蕾がうなだれる、ヒメはうなだれない。
ハルジオン

ハルは葉の基部が茎を抱く、半分程度ですが、ヒメは抱かない。他に茎はハルが中空、ヒメは忠実、これは茎を切ることになるのでお薦めできない。
ハルジオン

でも慣れたら舌状花の数は細さに注目した方が分かりやすい。ハルは舌状花が細く多数ある。
ハルジオン

でもこれなんか単独で見たらちょっと微妙かも、下に見えている蕾がうなだれているのでハルジオンですが。
ハルジオン

随分前の画像ですがハル(左)とヒメ(右)の舌状花比較。


総苞や花柄に毛が生える。
ハルジオン

キク科ヒメムカシヨモギ属

(5月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR