2018. 06. 04  
休耕田に生えていたミゾコウジュ、これで高さ1.5m程、高くなるので目立ちます。
ミゾコウジュ

休耕田だと群生していますが耕作されると殆ど見られなくなります。国の準絶滅危惧種、本県でも絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
ミゾコウジュ

茎の頂部や枝分かれした先に多数の花序を付ける、一度に多く咲くことはなさそうで特に下から咲く傾向もなさそうです。
ミゾコウジュ

2個の集散花序が対生して輪生状に見える輪散花序と言うそうです。
ミゾコウジュ

花の大きさは4,5mmと小さい、萼筒や花筒に毛が生えている、腺毛も混じっているかな。
ミゾコウジュ

上唇に沿って雄しべ、黄色い葯の間に見えているのが雌しべかな。雄しべの内下側の葯は不稔だそうです。
ミゾコウジュ

花糸の基部に突起がある、昆虫がこれを押して奥に入ろうとすると葯が下がってきて花粉をふりかけます、仲間のキバナアキギリでも同様の構造が見られます。
ミゾコウジュ

葉は対生で長楕円状披針形~広披針形、短い柄があり鈍い鋸歯がある。
ミゾコウジュ

茎は四角く下向きの細毛が生える。
ミゾコウジュ

シソ科アキギリ属

(5月17日撮影)
2018. 06. 04  
時には水没するような場所に生えているハイハマボッス、国の準絶滅危惧種、本件でも絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。水路や側の休耕田の中にも生えていて株自体は丈夫そうなんですけどね。
ハイハマボッス

頂部に疎らに総状花序を付ける、まだ殆蕾でしたが一度に咲くことはなく花期は結構長い。
ハイハマボッス

長い花柄を持つ、開花し始めたばかりのようでこの日綺麗に咲いていたのは一つだけだった。
ハイハマボッス

花弁は5枚、その間の突起のようなものは仮雄しべ、雄しべは5本、中央に扁平な柱頭が見えている。お気に入りの花なんですがなんたって大きさ2,3mmと小さい。
ハイハマボッス

右側が根生葉、中央から茎が伸び始めている。左上の茎葉は倒卵形~広楕円形、随分波打っている。
ハイハマボッス

サクラソウ科ハイハマボッス属

(5月17日撮影)
2018. 06. 04  
道路脇舗装の隙間に生えたヤナギハナガサ、南アメリカ原産でこの時期よく見られます。よく似たアレチハナガサより一足早く咲く。
ヤナギハナガサ

高さは大人の背丈程になります。上部で枝分かれ、これでマラソンランナーがいれば応援しているようだ。
ヤナギハナガサ

茎の頂部や枝分かれした先に花を密集して咲かせる。
ヤナギハナガサ

花の大きさは5mm程、花筒内部に毛が密生している、花が小さいからまだ解剖してないな。
ヤナギハナガサ

花筒が長いのが特徴、毛が生えている、蕾を見ると腺毛もあるようだ。アレチハナガサは花筒が短い。
ヤナギハナガサ

対生する葉が茎を抱くのが特徴、アレチは抱かない。でもダキバアレチハナガサは抱くからややこしい、まだ見たことないけど。
ヤナギハナガサ

茎は四角く開出毛が密生、腺毛も混じっているようです。
ヤナギハナガサ

クマツヅラ科クマツヅラ属

(5月17日撮影)
2018. 06. 04  
気まぐれカヤツリグサシリーズ(笑)、これはヤワラスゲ、林縁や湿った草地に生えるそうでここはまさしくそんな場所でした。
ヤワラスゲ

水玉が綺麗で撮ってみたんですけどね、多分朝露だろうな、内部から排出した水分の可能性もあるけどこんな場所からは出てこないだろ。
ヤワラスゲ

水玉の中に背後の景色が写っているかな、茶色く見えているのは花柱。
ヤワラスゲ

側小穂は雌性で頂小穂が雄性、先端に短く伸びています。
ヤワラスゲ

アワボスゲに似ていますがこちらの果胞の先端部、嘴が長いそうです。
ヤワラスゲ

花序下から長く伸びているのは葉ではなく苞。
ヤワラスゲ

カヤツリグサ科スゲ属

(5月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR