2018. 06. 05  
林道脇の湿っぽい斜面に生えているタカネマンネングサ
タカネマンネングサ

ここに多少群生していますが見ているのはここだけ、全国的にも少ないようです。
タカネマンネングサ

右側から2つ目の花が中央の花、そこから枝分かれし更に2分岐しながらその分かれ目に花を咲かせています。
タカネマンネングサ

茎の頂部で枝分かれしますがあまり強く横に張り出さないようです。
タカネマンネングサ

花は5数性、でもこれは花弁が6枚でした、普通なら子房も雄しべも増えるんだけどこれは5,10と変わりありません。
タカネマンネングサ

葉は互生でさじ形~倒披針形
タカネマンネングサ

花をつけない無花枝、この葉は更に幅が広くなります。
タカネマンネングサ

ベンケイソウ科マンネングサ属

(5月24日撮影)
2018. 06. 05  
この辺りに群生しているオノマンネングサ、まだ咲き始めたばかり元々あまり花を咲かせません、外来種だそうです。
オノマンネングサ

花が一つだけ咲いていた、やはり中央の花が真っ先に咲きます。
オノマンネングサ

5数性の花、もうこれしか言いようがない。
オノマンネングサ

頂部で横に広がりますがそれ程強くは張り出しません。
オノマンネングサ

葉が3輪生なのが特徴、は自体もちょっと長いかな。漢字で書くと雄の万年草ですが全体は大きいけど何となく弱々しい印象があります。
オノマンネングサ

ベンケイソウ科マンネングサ属

(5月24日撮影)
2018. 06. 05  
これもごく普通に見られるコモチマンネングサ、ただメキシコマンネングサと違い町中ではあまり見かけないかな。
コモチマンネングサ

茎の頂部で枝分かれし花を咲かせる、中央の花はそろそろ終わりのようでやはりこれが真っ先に咲いたようです。
コモチマンネングサ

5数性の花、毎度のことながらこの仲間はどれも似ている。萼片も5枚ですが大きさが不揃い。
コモチマンネングサ

葉は互生、葉腋にムカゴを生じる。この仲間は区別が難しいですがこれはムカゴを付けるので区別は容易、生えている場所で凡そ見当をつけムカゴを見ればピンポ~ン(笑)
コモチマンネングサ

ムカゴといえばヤマノイモの芋状のムカゴを思い浮かべますがこれはあまりムカゴらしくありません、花芽か葉芽かと思ってしまう。
コモチマンネングサ

ベンケイソウ科マンネングサ属

(5月24日撮影)
2018. 06. 05  
道端などで普通に見られるメキシコマンネングサ、メキシコと名が付いていますが原産地は不明とのこと。
メキシコマンネングサ

舗装の隙間からも生えています、これで高さ10cm程、右下にやや葉の色が濃いのがありますが花をつけない茎です。
メキシコマンネングサ

頂部で横に枝を広げる、他の仲間でもこの傾向がありますがこれは特に著しい感じがします。
メキシコマンネングサ

花序の中央の花が真っ先に花開く、これも他の仲間も同じ。
メキシコマンネングサ

花自体はこの仲間はどれもよく似てる、嫌になるくらい似ています。
メキシコマンネングサ

花弁が落ち雄しべも萎れて5つの子房が見えています。
メキシコマンネングサ

花が咲く茎の葉は互生、咲かない茎では輪生するそうだが互生と言っても間隔が不規則で分かりにくい。
メキシコマンネングサ

ベンケイソウ科マンネングサ属

(5月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR