2018. 06. 14  
秋吉台のラン科の中でも特に希少なムギラン、希少だけでなく超地味です、これでも今年は多く咲いてくれたなと思いました。
ムギラン

これでも咲いています、元々あまり開きません。
ムギラン

左右下側に伸びているのが側萼片、上部の三角状のが背萼片その両側が側花弁、その間の緑色のが唇弁、鼻の奥に茶色く見えているのが蕊柱、と説明するとラン科だと分かると思います。
ムギラン

花弁や萼片内側に毛状突起があるようです。
ムギラン

右側半分隠れているのが偽球茎、その基部から花が出ます。
ムギラン

丸いのが偽球茎、そこから葉が1枚出ます。
ムギラン

卵形の葉、これは楕円形に見える。中央に主脈のような筋が入る、右側のやや黒っぽい葉は去年のかな。
ムギラン

ラン科マメヅタラン属

(6月3日撮影)
2018. 06. 14  
やや明るい林内に咲いていたイチヤクソウ、何ヶ所かで見ていますがここが一番早いので最近はたいていここで見ています。
イチヤクソウ

花の左右に見えている茶色いのは昨年の果実、勿論すっかり空です。
イチヤクソウ

下向きに咲く花、上から見ている分には可愛いんですけどね。
イチヤクソウ

下から内部を見ると結構不気味
イチヤクソウ

雄しべは10本、1本に付き葯は2つ、色が白くて先端に穴が開いています。
イチヤクソウ

雄しべもそうですが雌しべも不気味
イチヤクソウ

太い花柱の先端が円盤状に広がり柱頭が乗っかっている、先端は裂けているように見えます。
イチヤクソウ

ツツジ科イチヤクソウ属

(6月3日撮影)
2018. 06. 14  
薄暗い湿っぽい林内に咲いているツルアリドオシ、画面右下から蔓が伸びている様子が分かります。左側の細長い葉はテイカカズラの幼木の葉。
ツルアリドオシ

たいてい2個一組で花を咲かせる。ここは他の花を見ても皆同じような状態で花が咲いている時蕾を見ることは全くありません。遺伝子的に同質なんでしょうか。
ツルアリドオシ

細長い花筒奥にある蜜を求めて表から入るのは面倒と横から齧った奴がいるぞ。
ツルアリドオシ

雄しべが突き出た短花柱花、花冠には毛が密生。
ツルアリドオシ

雌しべが出た長花柱花、完全にブレ写真、今年はこんなのが多いな、対策をとりたいけど三脚で撮ると自由度が失われるしな。
ツルアリドオシ

萼筒が合着、内部で子房が一つになっているので花は2つでも果実は一つ。
ツルアリドオシ

葉は対生で卵形~卵円形、縁はやや波状になる。
ツルアリドオシ

アカネ科ツルアリドオシ属

(6月3日撮影)
2018. 06. 14  
春に咲くからハルタデ、でも花期は4-10月と長い、よく似たイヌタデより一足早く咲き始めますが花期はかなり重なっています。
ハルタデ

これで草丈20cm程、高くなると80cmにもなることもあるそうです。
ハルタデ

葉にV字型の黒斑が入るのが特徴、イヌタデは黒斑がはっきりしない。
ハルタデ

これは花穂が真っすぐですが多少垂れることもあるようです。
ハルタデ

イヌタデ属の花はどれもそっくり、でもドアップチャレンジしてしまう。2裂した柱頭が見えている、雄しべは外に5本、内側に2本、外側の雄しべの数は安定しているが内側のはあまり一定してないようだ。
ハルタデ

托葉鞘の縁に短い毛が生える、イヌタデは長毛。
ハルタデ

別の場所でも見つけました、これは黒斑がハッキリしている。
ハルタデ

タデ科イヌタデ属

(6月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR