2018. 06. 16  
舗装路脇、薄く積もった土の上に生えていたマンネングサの仲間、ヨーロッパタイトゴメだそうです。
ヨーロッパタイトゴメ

5数性の花、これ一つしか咲いていなかった。
ヨーロッパタイトゴメ

横に花序師を伸ばしていますがそれ程伸びていないようです。
ヨーロッパタイトゴメ

花が一つしか咲いていなかったので周りで探してみました。民家門前にさいていた、家出準備中か(笑)、株が多い割に花が少ない、これからなのかこんなものなのか。名前と通りヨーロッパ原産、乾燥に強くグランドカバーとして使われるそうです。
ヨーロッパタイトゴメ

花は十分開いていました。
ヨーロッパタイトゴメ

葯は多少橙赤色を帯びているようです、腺毛などはなさそうだ。
ヨーロッパタイトゴメ

葉は3輪生かな。
ヨーロッパタイトゴメ

花を咲かせない株の様子、葉に細かな突起があるようです。
ヨーロッパタイトゴメ

(追記)ヨーロッパタイトゴメの葉は三角状卵形、あまり広がらないようでオカタイトゴメかもしれない

ベンケイソウ科マンネングサ属

(6月3日撮影)
2018. 06. 16  
道端に咲いていたマンネングサの仲間、以前通った時にこの左脇にメキシコマンネングサが咲いていたのにこちらは花を咲かせずひょっとしてオカタイトゴメかなと思って注目していました。
ヒメボシタイトゴメ

花が咲いたら白花でオカタイトゴメとは違っていた。ヒメボシマンネングサだそうです。北アフリカ、ヨーロッパ南西部原産、明治末に園芸用として入るそうで庭に植えられていたのが逃げ出したんでしょうね。
ヒメボシタイトゴメ

5数性の花、子房に腺毛が生えている。
ヒメボシタイトゴメ

花序枝にも腺毛、これだけ見るとシンジュボシマンネングサに似ています。
ヒメボシタイトゴメ

4弁のもありました。
ヒメボシタイトゴメ

葉が密につき太くシンジュボシマンネングサとはだいぶ違います、対生だそうですが互生のようにも見える。
ヒメボシタイトゴメ

花をつけない株もシンジュボシマンネングサとは大分違う印象です。
ヒメボシタイトゴメ

近くの民家塀の前、隙間にも生えていた、こんな場所も好むそうです。右に見えているのはメキシコマンネングサ、ツタバウンランも見えています、これも逃亡組かな。
ヒメボシタイトゴメ

ベンケイソウ科マンネングサ属

(6月3日撮影)
2018. 06. 16  
多分逸出だろうマンネングサ3種アップ。
これは去年見つけたシンジュボシマンネングサ、今年も盛大に花を咲かせていた。
シンジュボシマンネングサ

マンネングサと言えば黄色い花、白い花があるのに驚いた。
シンジュボシマンネングサ

5数性の花、雄しべは10本、葯は橙赤色にはならず黒いままのようだ。よく似たウスユキマンネングサは6数性。
シンジュボシマンネングサ

子房や萼片に腺毛が生えている。
シンジュボシマンネングサ

花序枝にも腺毛
シンジュボシマンネングサ

葉は互生で円柱状の広線形~線形。
シンジュボシマンネングサ

右側は花を咲かせない株、色が濃く葉も密についている。
シンジュボシマンネングサ

ベンケイソウ科マンネングサ属

(6月3日撮影)
2018. 06. 16  
林縁に咲いているオモト、感じで書けば万年青、当然常緑。
オモト

この辺りに数株あり花を咲かせないのもありますがこれは毎年花を咲かせます、と言うことは毎年ここで撮っている。
オモト

、長い穂状花序、目玉というより口だけの怪物。
オモト

横向きに咲く花、周りのは花弁で基部は合着して筒状になる、雄しべは6本
オモト

てっぺんに上向きの花が咲いている、空間を少しでも無駄にしないためでしょうか。
オモト

一番下の花、花は下から咲いていきますが一番上が咲いてもこれはまだ現役状態、柱頭が3裂している。
オモト

キジカクシ科オモト属

(6月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR