2018. 06. 18  
頭上遥かな場所に花を咲かせていたシマサルナシ、ここは初めての場所。
シマサルナシ

望遠で撮っても4倍程度では花が咲いているくらいしか分からない。
シマサルナシ

一番下に咲いているのを撮ってもこの程度、ノイズのりまくり。
シマサルナシ

ツル性で相手を失ったツルがぶら下がっていて
シマサルナシ

1本だけ葉をつけ
シマサルナシ

花を咲かせていた、ラッキー。
シマサルナシ

両性花と雄花がありこれは雄花のようです、上に咲いているのを見ても雄花ばかりのようだった。萼片や花柄に淡褐色の綿毛が密生している。
シマサルナシ

花弁基部が淡紅色を帯びる、よく似たサルナシは白一色だそうです。シマサルナシは暖地生で主に西日本に分布だがサルナシは全国分布、雄しべの葯も黒い。
シマサルナシ

葉は互生で楕円形~卵形、小さな棘状の鋸歯がある。
シマサルナシ

マタタビ科マタタビ属

(6月9日撮影)
2018. 06. 18  
超地味な花を咲かせるネコノチチ、でも名前が名前なので覚えやすい。上段のような名前ですが本名、果実が猫の乳に似ているところから名付けられた。
ネコノチチ

葉腋に集散花序をつける、アップにしてもまだ地味。
ネコノチチ

右下のが精一杯開いた状態、蕾の頃とあまり変わりません。
ネコノチチ

周囲のは萼片、その間に見えているのが雄しべ、これも普通の雄しべとは随分違う、太い花糸先端が葯、花粉が出ているようなので葯と分かりますがこれもちっとも葯らしくない。
ネコノチチ

萼片をカットしてみました、花柱が伸びているが萼筒半ば程度です。萼片内側に突起のようなものが見えていますがあれが花弁。
ネコノチチ

葉柄や花序枝に毛が生えている。
ネコノチチ

葉は互生で超楕円形、先端が尾状に尖り細かい鋸歯がある。
ネコノチチ

クロウメモドキ科ネコノチチ属

(6月9日撮影)
2018. 06. 18  
ごく普通に見られるネズミモチ、モチと名が付くからついモチノキ属と思ってしまいますがイボタノキ属です。
ネズミモチ

花は確かにイボタノキに似ている、雌しべ1本雄しべ2本のシンプル構成、花冠は筒状ロート型で半ばまで4裂する。
ネズミモチ

先端部はどんどん反り返っていくようです。
ネズミモチ

葯は外側雌しべと反対側が開いて花粉を出すようでこれも自家受粉を防ぐ工夫でしょうか。
ネズミモチ

花冠は丸ごと落ちて雌しべだけが残ります。
ネズミモチ

葉は対生で全縁、革質で厚く光沢がある。照葉樹林の代表的樹木。
ネズミモチ

モクセイ科イボタノキ属

(6月9日撮影)
2018. 06. 18  
クロガネモチは高木になるので下の方の枝を引っ掛けて撮ります、ステッキを持ち歩く目的の大半はこの理由(笑)
クロガネモチ

本年枝の葉腋に散形花序を出す、葉の色が若々しい。
クロガネモチ

雌雄異株でこれは雌株、雌花でも雄しべが残っている。過去の記録を見ると雌株ばかりで雄株は撮ってないな、普通は雌株の方が少ない方が多いのにね。
クロガネモチ

花弁は普通4-6枚だそうですがこれは7枚
クロガネモチ

8枚のもありました。
クロガネモチ

子房の上に柱頭がのっかった重ね餅、柱頭が少し凸凹していますが花粉が付きやすくなっているんでしょうか。
クロガネモチ

葉は互生で楕円形、葉柄は紫色を帯びる。
クロガネモチ

モチノキ科モチノキ属

(6月9日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR