2018. 06. 24  
秋吉台では初めてのヒメクマツヅラ、でもこのアングルでは全く分かりませんね。前回見つけたのは人に教えてもらってなのでこれが実質初めてかな。
ヒメクマツヅラ

6日前来た時、全体に背が低く花序の様子や花の小ささからちょっと疑問に思っていたのですがヒメクマツヅラはすっかり失念していて成長の悪いアレチハナガサかなと思って写真に撮らず(^^;)、帰ってからひょっとしてヒメクマツヅラかなと思うようになりました。
ヒメクマツヅラ

アレチハナガサに比べて花穂が細いですね、一番目についたのは枝分かれした花序の方が茎先端の花序より高くなること、アレチハナガサやヤナギハナガサとは逆です。
ヒメクマツヅラ

枝分かれした枝の先が更に枝分かれしていますが枝分かれの方が高くなるとは限らないようです。
ヒメクマツヅラ

花はあまり多く咲かせないようです、花筒は短く内部に毛が密生している。
ヒメクマツヅラ

花の大きさは2mm弱でした、アレチハナガサは3,4mm程。
ヒメクマツヅラ

やはり花冠丸ごと落ちるようです、萼に隠れている花筒部分はそれなりに長い。
ヒメクマツヅラ

葉は対生し茎は抱かない、茎は無毛、アレチハナガサは剛毛があるそうですが感触が分かるような触り方したことなかったかな。
ヒメクマツヅラ

アレチハナガサ類検索表細かすぎ(^^;)
素人ならもう全体の雰囲気だけで区別してもいいかなと思いました。
ここではいい写真が撮れなかったし後日家の近所でも見かけたので再度アップします。

クマツヅラ科クマツヅラ属

(6月21日撮影)
2018. 06. 24  
文字通り荒れ地に咲いていたアレチハナガサ、モデルにするにはちょっと花の数が少なかった。この時期道端など至るところで見られます。
アレチハナガサ

茎は枝分かれし頂部に穂状花序をつける、今回比較している内に中央の花序が一段高くなるのがわかった(例外もあるようですが)、ヤナギハナガサもそうですね。
アレチハナガサ

クマツヅラ属らしい花、花の奥が白くなっているようです、花筒はヤナギハナガサに比べて短い。
アレチハナガサ

5裂した裂片に大きさの違いはないようです、花筒奥に毛が密生、これも蕊を見せてくれない。
アレチハナガサ

花序枝に上向きの毛が生えている、花序は時間が経つと伸びていくようです。
アレチハナガサ

花が萎れて花冠丸ごと落ちるようです、萼に隠れている花筒部分が意外と長い。
アレチハナガサ

広線形の葉、半分より上に鋸歯がある、対生する葉は茎を抱かない、茎を抱くダキバアレチハナガサがありますが未見。
アレチハナガサ

クマツヅラ科クマツヅラ属

(6月15日撮影)
2018. 06. 24  
草刈りされた後の草地に生えてきたクマツヅラ(画面左上のがそれで右側のはシロツメクサ)、ここはしょっちゅう草刈りされますが根でも増えるそうでそのたびに生えてきます。
クマツヅラ

横から見ないと分かりませんね、これで草丈30cm程、時には1m近くになることもあります。
クマツヅラ

茎は枝分かれし先端に穂状花序を付ける、下から咲いていきます。
クマツヅラ

こちらは咲き始めたばかりで花はまだ僅か。
クマツヅラ

クマツヅラ科の代表、でもそれ程多くはないかな。好きな花なんですが蕊は見せてくれない(笑)
クマツヅラ

淡紅紫色の花、花冠は5裂ですがなんとなく下側の裂片が大きいように思えます。花筒内部に毛が密生してしべが見えない、分解しようにも小さくて困難、花弁表面にも微毛が生えているようです。
クマツヅラ

花筒は短い、萼片や花序軸に腺毛が密生。
クマツヅラ

葉は卵形で普通3裂、裂片は更に切れ込む。
クマツヅラ

上の方の葉は羽状に深裂している。
クマツヅラ

クマツヅラ科クマツヅラ属

(6月15日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR