2018. 06. 27  
ツル性のマタタビ、でも積極的に巻き付くことはなく他の植物により掛かる程度、なので時にはだらんとぶら下がっていることもあります、手が届かないことも多いのでそういうのが狙い目。
マタタビ

岩の上に乗って手を伸ばしてやっと届く程度、かなり不安定な状態で撮ってます。
マタタビ

本年枝の葉腋から花柄を伸ばして下向きに花を咲かせる、花弁はほぼ平開。
マタタビ

雄花と両性花がありこれは両性花、多数の雄しべと花柱。
マタタビ

花柱は先端が2裂しているような、微細な突起があるようです、花柱と言うより柱頭と言った方がいいかな。
マタタビ

花弁と雄しべが落ちた状態。
マタタビ

近くに雄株がありました、多数の雄花を咲かせています。
マタタビ

多数の雄しべ、中央に子房と雌しべの痕跡があるかな。
マタタビ

雄花は丸ごと落ちるようです。花弁だけでなく雄しべも付いたまま、萼片まで一緒に落ちている。不用品はさっさとお片付けかな。
マタタビ

マタタビと言えばやはりこの白い葉ですね、花が咲く少し前から白くなっています。表皮が葉身から離れてその間に空気層が出来て光を乱反射して白くなるようです。初心者の頃は粉をふいているのかと思っていました。考えてみれば粉を作るにもエネルギーがいるしこの方が余程省エネ、マタタビ賢い(笑)
マタタビ

別の場所でも見つけました、ここは初めて。地面に花が落ちていたので気がついた、ここは雄花だけのようでした。
マタタビ

マタタビ科マタタビ属

(6月21日撮影)
2018. 06. 27  
ごく普通に見られるアカメガシワ、雌雄異株で雌株の方が遅れて咲いてきます。
アカメガシワ(雌花)

結構高木になりますが低い木でも花を咲かせます、これは雌株。
アカメガシワ(雌花)

円錐花序、主幹が長く伸びますが基部からも短い花序枝が出ます。
アカメガシワ(雌花)

3裂した柱頭ばかり目立つ花
アカメガシワ(雌花)

柱頭には乳頭状突起が密生。
アカメガシワ(雌花)

基部に赤い子房が見えています、花弁はなく萼片がある。
アカメガシワ(雌花)

葉は互生で卵形または広卵形、全縁もしくは浅く3裂で長い葉柄がある。
アカメガシワ(葉)

雌花を撮ってから雄花を探します、普通は逆だけどこれはどこにでもあるから問題なし。
アカメガシワ(雄花)

雄花序も中央の長い花序基部から花序枝が出ていて基本構造は同じですがこちらの方が長い。
アカメガシワ(雄花)

ほぼ雄しべだけといった雄花
アカメガシワ(雄花)

雄花は役割を終えると丸ごと落花します、時には地面にたくさん落ちているのを見かけます。萼片の様子がよくわかる、子房の痕跡も残っているんでしょうか。
アカメガシワ(雄花)

花序枝に星状毛が密生。
アカメガシワ(雄花)

トウダイグサ科アカメガシワ属

(6月21日撮影)
2018. 06. 27  
大きく枝を広げて花を咲かせているノグルミ、他でも見ているはずですがここが撮りやすく印象が強いので他の場所を覚えてないな。
ノグルミ

雌雄異花で頂生の1個が雌花序で周囲に雄花序。雄花序は落ちやすく時期になると地面に散乱しているのを見かけます。
ノグルミ

パイナップルのような雌花序、でも頂部にも雄花序が長く伸びています、刺のように見えるのは苞です。
ノグルミ

雄花序柄に比べて雌花序柄は太く短い。
ノグルミ

花柱は太く2裂して反り返るそうです、確かに対になっているのが見えますね、突起状になっているのが柱頭なんでしょうか。
ノグルミ

雄花だけの雄花序、これも突き出ているのは苞ですが雌花序のとは大分形が違います。
ノグルミ

苞には毛が生えているようでう、奥に丸く見えているのが葯のようです。
ノグルミ

葉は互生、奇数羽状複葉、小葉は5-7対、完全に後ピン。
ノグルミ

クルミ科ノグルミ属

(6月21日撮影)
2018. 06. 27  
正月の縁起物に使われるので冬のイメージが有るナンテンですが花は初夏の頃咲き始めます。野山で普通に見かけますが植栽の逸出が殆だとか、そのせいかあまり山深いところでは見かけませんね。
ナンテン

花序に多数の花をつけますが同時に咲くことはなく、咲き方も下からとか順番は決まってないようです。
ナンテン

蕾を見ると花被片が何層かに重なっているのが分かります。3枚づつ輪状に並んでいるそうで一番内側のが最も大きく花弁状になります。
ナンテン

花が開くと花被片は大きく反り返ります。
ナンテン

花被片はすぐ脱落するようです。
ナンテン

バナナのような大きな葯が花弁代わり、2室なのが分かります、花糸はごく短い。柱頭が凸凹していて裂けているようにも見えます。
ナンテン

雄しべも押して子房が露出、柱頭が赤くなっている。
ナンテン

3回奇数羽状複葉。ナンテンは普通に見聞きしますが科名のメギ科はあまり聞かない科名です。
ナンテン

メギ科ナンテン属

(6月21日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR