2018. 06. 28  
インフレで価値が下がるのは野草界でも同じこと、初めて見た時は感激したミゾカクシ、でも今ではごく普通に見られるので撮るかどうかは気分次第。
ミゾカクシ

花自体は特異な姿をしているんですけどね。
ミゾカクシ

キキョウ科なので雄性期雌性期があります、これは柱頭が見えていない雄性期。
ミゾカクシ

茶色い部分は葯が合着した葯筒、そこから糸のようなのが出ていますが花糸とは違うかな。
ミゾカクシ

2裂した柱頭が出てきた雌性期、ピントがあってないな。葯筒から後から2裂した柱頭が出てくるあたりはキク科ですね、キキョウ科ですが。
ミゾカクシ

正面から撮ったらピントがバッチリ合ったけどこれじゃ2裂かどうか分かりにくい。
ミゾカクシ

蕾の頃は割と普通、でも蕊が中からではなく上から出てきています。
ミゾカクシ

葉は互生で披針形。
ミゾカクシ

キキョウ科ミゾカクシ属

(6月21日撮影)
2018. 06. 28  
やっと咲いてくれたイシミカワ、ここは土砂が搬入され昨年まで咲いていた場所が埋没&撹乱され心配していました。
イシミカワ

ただ10株以上出ていましたがどれも小さく花を咲かせていたのはこの一株だけ。葉状の苞の上に団子を盛ったように花をつけます。一番上の花が何とか開いていますが元々そんなに開く花ではありません。
イシミカワ

特徴的な三角形の葉、これで1cm程度と普通より随分小さい。茎や葉柄の刺が凄い。
イシミカワ

葉柄は葉身の端ではなくやや内側に付きます。裏側葉脈にも棘がある。
イシミカワ

葉柄基部に托葉、鼠返しならぬ蟻返しかな。
イシミカワ

タデ科イヌタデ属

(6月21日撮影)
2018. 06. 28  
舗装の隙間に生えたミチヤナギ、序でがあるので殆どここで撮ってます。
ミチヤナギ

これで高さ15cm程、これだけ立ち上がっていればハイミチヤナギじゃなくミチヤナギでいいだろ。と言いつつ以前ここで這っている状態のを撮ってハイミチヤナギとしているからな(^^;)
ミチヤナギ

花は地味、イヌタデよりは開いているからまだましか。タデ科なのでこれは萼片、縁が白くなっている。
ミチヤナギ

雄しべは8本だがこれは7本見えている、数が少ないのはよくあること。背後にあるのは花より大きく見えるので蕾じゃなく果実かな。
ミチヤナギ

托葉鞘は2深裂で更に細かく裂けるそうです。
ミチヤナギ

葉は互生で線状披針形、長さ1.5-3cm、ハイミチヤナギはこれより短いようです。
ミチヤナギ

タデ科ミチヤナギ属

(6月21日撮影)
2018. 06. 28  
秋に咲く野菊ですが夏前からポツポツ咲き始めます、ほんとポツポツ程度ですけどね。これは休耕田に咲いていたヨメナ、背景に見えている小さな丸い葉はノチドメです。
ヨメナ

ヨメナかオオユウガギクか迷いますが後者の方が花弁が細いようなのでヨメナと判断しました。
ヨメナ

前の花は舌状花の柱頭が開いている状態でしたがこちらは筒状花の柱頭も開いてきています。
ヨメナ

この仲間の柱頭はあまりクルリンしなくて輪っかの様になっていることが多い。ヨメナは冠毛が0.5mmと短くこの状態で見るのは無理ですがオオユウガギクも1mm程度なのでまず見られません。
ヨメナ

総苞は浅い鐘形、オオユウガギクも同じ、ノコンギクは円筒状。
ヨメナ

キク科シオン属

(6月21日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR