2018. 08. 08  
ミョウガの花を探すのは意外と難しい、株自体はいたる所で見られますが野生のは滅多に花を咲かせない、何時も咲き始めばかり探すのでひょっとしたらシーズン中にはもっと咲くのかな、そんな感じはしないけどね。お気に入りなので目を凝らして探します。
ミョウガ

食べても爽やか涼しげだけど花も爽やか涼しげ。
ミョウガ

前に張り出したのが唇弁で左右に小さく出ているのが即裂片
ミョウガ

背後に立っているのが花冠、半透明な薄緑色で筋が入りこれも涼しげ。
ミョウガ

長く突き出ているのは雌しべではなく葯隔
ミョウガ

基部に長い葯がある、数の子かカラスミか(笑)
ミョウガ

葯隔の先端から柱頭が顔を出す、まるでストローから出た水滴がそのまま凍ったよう。
ミョウガ

横から見ると柱頭は扁平で毛状突起があるようです。
ミョウガ

花の基部にあるのが苞でこれが食用になる、花が咲けば野菜としては価値がなくなるので植えている人でも意外と花を見たことがないかも。1日花なのですぐ萎れますが一つの苞から幾つか花が出るようです。
ミョウガ

何時も葉の様子を撮り忘れるので撮ってみました。これは咲いているのが分かっているので花が見えますが実際は藪をかき分けないとまず分かりません。
ミョウガ

ショウガ科ショウガ属

(8月3日撮影)
2018. 08. 08  
道端などで普通に見られるスベリヒユ、これは盛大に花を咲かせていた、近くにも多くあったけど全く花を咲かせていないのもあった。
スベリヒユ

根本を見たらこれで一株でした、赤褐色の太い茎、食べられるそうだけど食べてみようとも思わないな。
スベリヒユ

茎頂に数個の花をつける。
スベリヒユ

午前中に開くので朝早く来てみました、右のはほぼ開いているけど左のはまだ途中、昼前には閉じる、多分もっと早く閉じる、しかも閉じた後がまるで蕾のように固く閉じるので午後見ても咲いていた様子が分かりません。
スベリヒユ

ほぼ黄色の花、雌しべがややオレンジがかっている、柱頭は5裂、雄しべは十数本、花弁先端がやや窪んでいる。
スベリヒユ

左上のは多分花後だと思うけど左下のは蕾かな、区別がつきません。萎んだ花があれば開花したんだなとわかるけどこれは現物を見る必要がある。
スベリヒユ

丸い魚卵のような花粉。
スベリヒユ

葉は厚く表から見ても殆ど葉脈が分かりませんが裏から透かしてみると葉脈の様子が分かります。これは偶々写っていた。
スベリヒユ

スベリヒユ科スベリヒユ属

(8月3日撮影)
2018. 08. 08  
湿地に生えていたコケオトギリ、田んぼ周辺にも生え秋には真っ赤に紅葉して目立ちます。
コケオトギリ

茎は直立し上部で枝分かれする、昼頃には花が閉じるので午前中に訪問。
コケオトギリ

大きさ5-8mmとこの仲間の中では小さい。コケは小さいという意味でつけられることがあります。雄しべは5-10本だそうだがこれは10本あります。
コケオトギリ

これは雄しべが16本、殆どの花で10本以上ありました。
コケオトギリ

子房から3本の花柱、他の仲間と違い柱頭は赤くならないようです。
コケオトギリ

花の直下のは苞葉で葉と同型、花柄が割と太い。
コケオトギリ

水滴は朝露ではなく内部から排出した水分でしょうね。
コケオトギリ

対生する葉は小さく無柄、90°ずつずれている。
コケオトギリ

裏から透かしてみると多数の明点がある、黒点はなさそうだ。
コケオトギリ

オトギリソウ科オトギリソウ属

(8月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR