2018. 08. 09  
昨年に続きコゴメギクを探してシリーズ(シリーズ化してしまったw、その3があるかどうかわからないけど(^^;))
コゴメギクの舌状花はハキダメギクに比べてずっと小さい、それを手がかりに探しています。空き地に生えていたこれ、明らかに舌状花が小さい。
ハキダメギク

前回見たのよりも更に小さそう、これは間違いないかなと思ったのですが
ハキダメギク

総苞に腺毛が生えている。コゴメギクは無毛で総苞片縁に毛が生える程度だとか。
ハキダメギク

花柄にびっしり腺毛、これはどちらも共通。
ハキダメギク

茎にも毛が多い、コゴメギクは少ないようだ、あくまでも比較的ですが。
ハキダメギク

この辺りに舌状花の小さいのが幾らでもありました。
ハキダメギク

これも舌状花がかなり小さい。
ハキダメギク

でも総苞に少ないながらも腺毛がある。
ハキダメギク

花柄には腺毛がびっしり
ハキダメギク

茎や葉にも毛が多い、コゴメギクの鋸歯は低いとか。結局ここもハキダメギクのようです。ここは春先にも見ているけどこんな舌状花の小さいのはなかったような、季節によって大きさが違うのかな。結局は舌状花の冠毛の有無を確認する必要がありそう、コゴメギクは冠毛が無いとか、でも確認自体が難しそう。
ハキダメギク

キク科コゴメギク属

(8月3日撮影)
2018. 08. 09  
林道沿いに生えていたヒメガンクビソウ、他の仲間と比べて更に日陰の場所を好むようです。なので撮影に失敗して没になることもおおく過去の記事を見てみると最後に撮ったのは5年前じゃないか(^^;)、これはちょうど木漏れ日がスポットライトのように当たっていた。
ヒメガンクビソウ

根生葉の中心から長い茎を伸ばして花を咲かせる、これで高さ20cm程。
ヒメガンクビソウ

茎頂や葉腋から花柄を伸ばして下向きに花を咲かせる、茎葉が出るたびに茎がクネクネしている。
ヒメガンクビソウ

細長い筒状の頭花、蕊はあまり突き出ない。総苞片が僅かに広がる。
ヒメガンクビソウ

花期にも根生葉が残る、と言うか茎葉はあまりない。
ヒメガンクビソウ

細い茎葉。
ヒメガンクビソウ

キク科ヤブタバコ属

(8月3日撮影)
2018. 08. 09  
湿っぽい斜面に生えていたコヤブタバコ、林道沿いなどで普通に見られます。
(追記)どうやらサジガンクビソウのようなのでタイトル変更
サジガンクビソウ

これで高さ1m以上、上部で枝分かれしますが頂部に下向きに花をつける。
サジガンクビソウ

普通は総苞片がライオンのたてがみの様に発達しているのですがこれはそれ程でもない。
サジガンクビソウ

ヤブタバコに似ているからコヤブタバコなんでしょうけどむしろガンクビソウの方がヤブタバコに似ていてコヤブタバコの方が雁首に似ているように思います。なので翌年になると名前が混乱する。
サジガンクビソウ

舌状花はなく筒状花だけ、柱頭もあまり突き出ることはなく超地味。
サジガンクビソウ

周辺部の白っぽいのが雌花の柱頭、中央のが両性花の柱頭。
サジガンクビソウ

下部の葉はさじ状長楕円形
サジガンクビソウ

花期には根生葉はなくなるそうですが一番下の大きな葉は根生葉のようです、もう暫くすると枯れるかな。
サジガンクビソウ

キク科ヤブタバコ属

(8月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR