2018. 08. 15  
このコースでたくさん生えていたヒキヨモギ、赤褐色のがヒキヨモギ、こんなにあったかなと思うほど。
ヒキヨモギ(蕊)

花も沢山付けていた、ヒキヨモギは蕊が見づらいのでカットしてみようと思いましたがカット自体難しい。
ヒキヨモギ(蕊)

でも杞憂でした、雄しべが出ていたのが幾つもあった。
ヒキヨモギ(蕊)

カールした葯、雌しべも伸びてきているような。
ヒキヨモギ(蕊)

花粉はもう放出し終わっているかな、雄しべは4本、2本が長いそうですが特にそのようには見えない。
ヒキヨモギ(蕊)

こちらは花糸が褐色になっている。
ヒキヨモギ(蕊)

雄しべが見えない、雌しべは残るけど雄しべは脱落するんだろうな。
ヒキヨモギ(蕊)

こちらが盛期の頃の花、雌しべ先端が突き出ているだけで雄しべは見えない。雄しべが見えている花はみな色が黄褐色になってきているから花の終わりの頃雄しべが出てくるのかもしれません。
ヒキヨモギ(蕊)

ハマウツボ科ヒキヨモギ属

(8月9日撮影)
2018. 08. 15  
この時期台地上で普通に見られるカワラナデシコ、ピンク色には濃淡がありますが白花を見つけました。
カワラナデシコ(源平咲き)

でもよく見ると隣の赤いのと同一株です。赤花と白花が同じ株に咲くのを源平咲きといいウメでよく見られ他にモモ、ツバキ、ツツジ等で見られるそうですがカワラナデシコにもあるんでしょうか。
カワラナデシコ(源平咲き)

画面ギリギリですが確かに同一株です。赤い花には赤い色素が必要、色素を作る過程で何らかのエラーが起きると色素が作られず白花になるそうですがこれもそうなんでしょうか。
カワラナデシコ(源平咲き)

微かにピンク色がかっていますがほぼ白花と言っていいでしょう、雄しべが出た雄性期。
カワラナデシコ(源平咲き)

こちらは普通の赤花、雌しべが出た雌性期、こちらの方が先に咲いたようです。後から咲いたのにエラーが起きたか。
カワラナデシコ(源平咲き)

ナデシコ科ナデシコ属

(8月9日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR