2018. 08. 22  
植栽か勝手に生えているのか分かりませんがサルスベリ、ここには別の花を探しに来たんですがそちらは見つからず代わりとばかり撮ってみました。
サルスベリ

色んな色があるようですがやはり夏の青空には淡紅紫色のこの色が似合う。
サルスベリ

花弁は6枚
サルスベリ

フリルのように広がった花弁、基部は柄のような筒状になっている。花弁が変わっているのは知っていましたが
サルスベリ

蕊も随分変わっていた。中央部に多数の雄しべ、その周りにあるのは雌しべかと思っていましたが6本は雄しべでした。
サルスベリ

これが雌しべで1本だけ、柱頭は半球形で花柱も外側の雄しべ花糸より太く下部が赤紫色。内側の雄しべ葯は花粉が出ていますが外側の葯は花粉が出ていないように見えます。装飾的な雄しべなんでしょうか。
サルスベリ

花弁が落ちて閉じた花、外側の雄しべの内3本はまだ伸びているが3本は丸まって内側に収まっている。雌しべは360°ターンして丸まっている。
サルスベリ

葉が2枚づつ互生するコクサギ形葉序になることもあるそうですがこれは対生しているような、ただ対生する位置も微妙にずれているような。
サルスベリ

ミソハギ科サルスベリ属

(8月17日撮影)
2018. 08. 22  
クサギは普通に見られるのでなるべく条件の良いものをと思って後回ししているとシーズンが終わってしまう、これはやけに白っぽく見えたので撮ってみました。
クサギ

元々花弁は白ですが萼筒は赤っぽい、これは萼筒まで白くなっています、細長い花筒部分は赤紫色を保っている。
クサギ

花冠は5裂、花被片が外側に大きく反るので筒状になっています。
クサギ

長い雄しべは4本、雌しべは大きく曲がっていて雄性期の花。
クサギ

これは雌性期、柱頭は2裂しているはずだが撮影失敗、雄しべは下側に大きく曲がっている。
クサギ

萼筒から飛び出たげんこつ、じゃなくて蕾、これが開く様子をスローで見てみたい。
クサギ

葉は対生で広卵形、裏側に腺点があるそうだ。
クサギ

シソ科クサギ属

(8月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR