2018. 08. 23  
湿っぽい場所に群生しているジュズダマ、湿っぽいと言っても土が乾燥していないと言った程度ですが。熱帯アジア原産ですがあちこちで見られます。
ジュズダマ

お馴染みの数珠玉は葉鞘が変化した総苞葉だそうです。中に雌性小穂があり長い柱頭を出す。雄性小穂は外に総状に出てくる。雌花の方が先のようで上のは既に柱頭が萎れ始めている。
ジュズダマ

雄性小穂から出た黄色い葯、片側に穴が空いていて如何にもイネ科らしい、それにしても随分花糸が細い。
ジュズダマ

果実がなく雄性小穂だけのもありました。
ジュズダマ

2本のブラシ状の柱頭、随分長い。
ジュズダマ

ブラシドアップ、被子植物の柱頭を見慣れているとこれが柱頭とは思えません。
ジュズダマ

まるで触覚を伸ばした昆虫の頭、基部に緑色の突起が見えますが退化した雌性小穂だそうです。
ジュズダマ

イネ科ジュズダマ属

(8月17日撮影)
2018. 08. 23  
遊歩道上などで良く見かけるハイメドハギ、メドハギの変種でこれくらい這っていればハイメドハギでよさそうですが中には斜上しているのもあってややこしい、更にツルメドハギも遊歩道上で見られるのでややこしさ倍増。
ハイメドハギ

花は一つしか咲いていなかった、一つ咲いていれば特徴が分かるからいいけどね。
ハイメドハギ

アングルを変えて。旗弁基部に斑紋があるのは普通ですが他の部分の斑紋は結構差異がある。竜骨弁は翼弁より長い。
ハイメドハギ

3小葉は長卵形、メドハギは倒披針形、正式な葉の形で言うと却ってわかりにくい。ハイメドハギははっきり楕円形ですがメドハギは細長い四角形のように感じます。
ハイメドハギ

葉の基部に針状の托葉、葉の裏に毛が密生、茎には開出毛が生える、メドハギは伏毛。
ハイメドハギ

マメ科ハギ属

(8月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR