2018. 08. 24  
水田に生えているアブノメ、画面中央やや右辺りが根本で左上矢印が花です、これで高さ30cm程、ちょうど稲が実る頃咲くので稲刈りとの競争です。稲刈り後でも咲くこともあるけど確実じゃないしね。
アブノメ

葉腋から花柄を伸ばして花を咲かせる、一見茎頂部のように見えますが痕跡程度の葉から出ているのがわかります。
アブノメ

こちらは頂部直下の花、長い花柄を伸ばしている、葉は小さい。
アブノメ

淡赤紫色の花はお気に入りだけどどうしても白飛びします、上唇3裂、下唇2裂とシソ科とは逆、蕊は引っ込んでいて見えない。
アブノメ

これがベストの露出、キラキラ輝いている。
アブノメ

成長の途中で閉鎖花をつけるそうでこれは閉鎖花の果実かな、普通無柄だけどこれは短い柄がある。
アブノメ

葉は無柄で対生し狭長楕円形または披針形、根本辺りでも葉は小さい。
アブノメ

この田んぼでは割と見られこの日は5つ花を見つけました。環境の良い田んぼじゃないと生えないそうで今のとこ見ているのはここだけ、他にもいろんな水田野草が見られお気に入りです。この日田んぼのオーナーさんに会って話をしましたがこんな雑草をはやしているようではよくない、なんて言ってましたが環境がいい証拠だよ、どんどんはやしてください(笑&願望)
アブノメ

オオバコ科アブノメ属

(8月17日撮影)
2018. 08. 24  
名前と姿が面白いので時々撮っているチャボウシノシッペイ、チャボとは小さいという意味でまだ見たことないけどウシノシッペイよりは小さいようですが属は違います。この名が付く植物は幾つかありますが多くはありません。”コ”と付けるのとどう違うんでしょうね。因みにシッペイは竹篦、動物に使う鞭打ち棒のことです。
チャボウシノシッペイ

雌しべが両側に出た様子はまるでノコギリザメ、これに限っては雄しべが出てない方が綺麗なんですけどね。
チャボウシノシッペイ

ブラシ状の柱頭とX字状の葯
チャボウシノシッペイ

柱頭拡大、でもイネ科の柱頭はどれも同じ
チャボウシノシッペイ

葯の片側が開いていて花粉は放出し終わったようです。
チャボウシノシッペイ

イネ科チャボウシノシッペイ属

(8月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR