2018. 08. 26  
公園内に生えているカンコノキ、さすがに植えられたのではなくその前から生えていたんでしょうね。これが小さなコミカンソウの仲間とはとても信じられません。秋吉台でも生えていますが行くのが大変なので開花確認に行く程度。
カンコノキ

雌雄異花でこれは雄花、長い花柄を持つ、まだ蕾なのもある。
カンコノキ

6枚の萼片、花弁はない。
カンコノキ

雌花は見当たらずもう果実になっていました、ミカンというよりはミニカボチャ、雌しべの跡が残っています。
カンコノキ

果皮がとれて赤くなっているのもありました、これが種子のようです。
カンコノキ

膨らみ始めた子房、雌しべの跡がまるで赤ちゃんのおしゃぶりのようで可愛い。
カンコノキ

コミカンソウ科カンコノキ属

(8月22日撮影)
2018. 08. 26  
家の近所で割とみられるソクズ、秋吉台でも極普通に見られます。普通に見られるので敢えて訪問することもなくわざわざ車を止めて撮ることもなく今年は撮りそびれていました。
ソクズ

大きな集散花序を付ける、こういう果序は周辺から花を咲かせることが多いですがこれは中央から花を咲かせる、中央部は花は終わっているが周辺部はまだ蕾、なので何時までも花が咲いているように感じます。
ソクズ

黄色いのは果実ではなく腺体、果実は滅多になりません。
ソクズ

腺体から蜜が出るので沢山の蟻がやってきています。他の昆虫が来ているのは見たことないな、蟻がポリネーターになっているんでしょうか。
ソクズ

腺体の奥に蜜が溜まっているように見えます、蜜を塗ったドーナツ、蟻では食べられないけどね。
ソクズ

花は仲間のニワトコに良く似ています。
ソクズ

花弁は5枚で外側に反る、雄しべも5本、柱頭が3裂しているがギリギリ分かるかな。
ソクズ

子房からちょこんと突き出た柱頭
ソクズ

奇数羽状複葉で小葉も大きく広披針形~狭卵形、鋸歯がある。
ソクズ

レンプクソウ科ニワトコ属

(8月22日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR