2018. 08. 30  
時期になると何処にこんなに隠れていたんだろと思う程出てくるタカサゴユリ、台湾原産、種子の発芽から半年程度で開花するそうで繁殖力が強い。オニユリなどは実生から数年かかるそうです。
タカサゴユリ

ラッパ状の花が横向きに咲く。
タカサゴユリ

真っ白な花、テッポウユリとタカサゴユリの交配種シンテッポウユリの可能性もあるがそちらは無視。
タカサゴユリ

6本の雄しべとそれより長い1本の雌しべ、花粉が花冠の内部に落ちていて柱頭にも付いていますが自家受粉はしないのかな。
タカサゴユリ

大きな柱頭は3裂、微細な突起が無数にある。
タカサゴユリ

柱頭は濡れているようで更に花粉が付きやすくなっているようです。
タカサゴユリ

柱頭のドアップばかりしているので葯もドアップ、これはもう黄な粉をまぶした安倍川餅
タカサゴユリ

こちらはパン粉をつけた揚げ物、串カツですね、花粉がつくと厄介なので慎重に撮影。
タカサゴユリ

茎下部に線形の葉が多数つく。
タカサゴユリ

ユリ科ユリ属

(8月30日撮影)
2018. 08. 30  
普通のキツネノマゴに混じってシロバナキツネノマゴが咲いていた。
シロバナキツネノマゴ

漂白したように真っ白です。
シロバナキツネノマゴ

普通のとのツーショット、白い斑紋が特徴ですが白花の方もそれが濃淡となって残っています。他は特に変わりなし。
シロバナキツネノマゴ

茶色い葯が目玉のよう、雄しべは2本で上唇両側に沿って花糸が伸びている。葯は2室で下側葯室から突起のように伸びているのは距だそうです。
シロバナキツネノマゴ

距の間に雌しべ柱頭があるはずだが確認できないな。
シロバナキツネノマゴ

花には苞が1個、小苞が2個つき、萼が5深裂する、そうですが密集しすぎてよくわかりません。
シロバナキツネノマゴ

葉の両面に長い毛が生えている。
シロバナキツネノマゴ

白花は群生していることも多く付近にも多く咲いていました。白花は少ないけど珍しいという程でもありません。
シロバナキツネノマゴ

キツネノマゴ科キツネノマゴ属

(8月24日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR