2018. 11. 06  
前回見たアケボノソウは2ヶ所なので他も廻ってみました、ここは林内、雨が多い時だけ水が流れるような場所です。
アケボノソウ

倒れかけているけど2m近い高さがあります。
アケボノソウ

4弁花があったけど6弁のはなかった、残るもう一ヶ所は今年は全く姿を見せず。
アケボノソウ
リンドウ科センブリ属

前回と同じ場所、花盛りで多数の花を咲かせていた。
イヌセンブリ

これで来年も安心、と言いたいが群生していたのが突然姿を消すこともあるからな。
イヌセンブリ

一番の大株、これを見たかったけど残念なことに猪が掘り起こしていた、株自体は生きているようです。
イヌセンブリ

こちらは何時も見ている場所、株の数は少ないが花つき自体は平年並み。
イヌセンブリ
リンドウ科センブリ属

前の場所は一つしか花が見つからずその後もさっぱりでしたがこちらの田んぼは初めでだが多くの花を咲かせていた。普通野草は田んぼ周辺部に生えてきますがここは稲現役の頃は野草が殆ど見られずあまり期待してませんでした。
キクモ

これも周辺部よりは中の方で多く咲いていた、これでは稲の頃はまず見つけられません。
キクモ

せっかくだからドアップ。
キクモ
オオバコ科シソクサ属

前回の場所はすごく減っていますがこちらは随分多かった。ここも以前は少なく探し回るほどでしたが今年はどういうわけかあるわあるわ。
ナギナタコウジュ

他の野草と紛れてないので雰囲気が分かります。
ナギナタコウジュ

横から見ると基部から多く枝別れして花を咲かせている、これは多分一株ですね。
ナギナタコウジュ

薙刀らしい姿、この時が花盛りでした。
ナギナタコウジュ
シソ科ナギナタコウジュ属

(10月20日撮影)
2018. 11. 06  
秋の早朝は朝露に悩まされます、歩くとズボンや靴がずぶ濡れになるし花の詳細が撮りにくい、でも風景写真となると風情があります、敢えて朝日を入れて逆光で撮ってみました。。
朝露(チカラシバ)

前の写真で見えているのはチカラシバ、穂が太いし朝露たっぷりで見栄えがします。
朝露(チカラシバ)

これが一番のお気に入り、あまりこの手の写真は撮らないからいいかどうかわからないけど。
朝露(チカラシバ)

手前の赤いのはチョウジタデ、9月10日にアップした最後の写真と同じ場所です。
朝露(チカラシバ)

エノコログサもいい雰囲気、考えてみれば秋吉台でエノコログサの仲間は撮ったことなかったな。
朝露(チカラシバ)

水玉のビーズ
朝露(エノコログサ)

(10月14日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プルダウンリスト
QRコード
QR