2019. 02. 28  
すっかり綿毛となったオキナグサ、左右で大分様相が違いますが右側のは綿毛が広がった状態。
オキナグサ(果実)

今まで右のような状態のは撮っていたが左の状態のはあまり撮ってなかった。
オキナグサ(果実)

モフモフの綿毛、既に一部が飛んでいた。
オキナグサ(果実)

太いのは花柱が伸びた痕だそうです。
オキナグサ(果実)

花柱から真っ白な毛が生えている、殆曲がらず真っ直ぐです。
オキナグサ(果実)

痩果も毛だらけ、果実が飛んだ痕が突起のようになっている。ここまで撮っているのに何故か果実単体を撮ってない。
オキナグサ(果実)

キンポウゲ科オキナグサ属

(5月1日撮影)
2019. 02. 27  
身近で普通に見られるヤエムグラ、花は撮ることはあっても果実を撮ることはあまりなかった。
ヤエムグラ(果実・種子)

毛だらけの2分果、一つの大きさは2mm程。
ヤエムグラ(果実・種子)

種子を出してみましたがまだ未熟、片側は平滑ですが片側は穴があいている。
ヤエムグラ(果実・種子)

こちら側が本体側に付いていた部分、熟すると塞がれてくるんでしょうか。熟したのを見たいけど大抵倒れて見られなくなってくる・・・ような。
ヤエムグラ(果実・種子)

早速蟻が興味を示して寄ってきましたがすぐ離れていきました、エライオソームは付いていないようです。
ヤエムグラ(果実・種子)

アカネ科ヤエムグラ属

(5月11日撮影)
2019. 02. 26  
を撮ったのと同じ日、既に果実がなっていました。花のときは上向きですが果実期になると垂れ下がります。
ミヤマハコベ(果実・種子)

花弁は落ち萼片が閉じています、長毛が目立つ。
ミヤマハコベ(果実・種子)

果実を割ってみました、流石にまだ未熟でした。
ミヤマハコベ(果実・種子)

種子の大きさは1.5mm程、凹凸があるのが分かります。
ミヤマハコベ(果実・種子)

ナデシコ科ハコベ属

(5月11日撮影)
2019. 02. 25  
花の時は上向きですが果実期になると下向きになるヤブタビラコ、前から撮ってみたかったが数が少ないのでなかなかチャンスに恵まれず。
ヤブタビラコ(果実)

冠毛が無いのが最大の特徴、綿毛があれば当然上向きの方が有利ですがこちらは綿毛がないので下向きになってばら撒くのでしょうか。
ヤブタビラコ(果実)

総苞はまだ緑色で明るい褐色の痩果が目立ちました。
ヤブタビラコ(果実)

正面から見るとまた別の花が咲いているよう。
ヤブタビラコ(果実)

痩果にはハッキリした縦溝が入る、キク科の痩果は文字通り痩せている感じですがこちらはふっくらしています。
ヤブタビラコ(果実)

表面には微毛が生えているようだ。
ヤブタビラコ(果実)

キク科ヤブタビラコ属

(5月11日撮影)
2019. 02. 24  
花は終わり果実期となったヒトリシズカ、前から果実を撮ってみたかったので撮影してみました。
ヒトリシズカ(果実)

まだ緑色の未熟な果実、大きさ3mm程
ヒトリシズカ(果実)

花の頃はフタリシズカとの区別は容易ですが花が咲いてないと意外と区別が難しい。これは果実が密についていますがフタリシズカはやや疎らにつくようです、穂が1本なのもヒトリシズカかな、フタリシズカでも1本のもあるけどね。
ヒトリシズカ(果実)

短い花柱と柱頭が残っている、この形もヒトリシズカかな。熟した状態を見てみたいけどその頃は見られなくなっている。
ヒトリシズカ(果実)

センリョウ科チャラン属

(5月17日撮影)
2019. 02. 23  
すっかり綿毛となったタカサゴソウ
タカサゴソウ(果実)

萼片が開いて痩果が見えてきています。
タカサゴソウ(果実)

舌状花も白いけど冠毛は真っ白、タンポポとよく似ています。
タカサゴソウ(果実)

仲間はすっかり飛び立ったけど一つだけ行き遅れているのがありました、一つだけ撮るにはこういうのが最適。
タカサゴソウ(果実)

細長い痩果、縦溝が走っている、先端部が細くここが嘴と言われている部分でしょうか、これもタンポポのと似ている。
タカサゴソウ(果実)

キク科タカサゴソウ属

(5月17日撮影)
2019. 02. 22  
溜池の堤に生えていたこれ、この辺りに点々と十数株生えていた。
セイタカハハコグサ

ハハコグサにしては咲くのが早すぎるし色も違う、チチコグサともイメージが違うしセイタカハハコグサかな。
セイタカハハコグサ

色が赤茶っぽい、ハハコグサは黄色、チチコグサの花序はこんなに横方向には伸びません。
セイタカハハコグサ

花の中央部に筒状の両性花、窪んでいる辺りがそうでしょうか、周囲には多数の雌花がつく。
セイタカハハコグサ

キク科らしい2裂した柱頭が出ています。
セイタカハハコグサ

線形~匙状の葉、基部が半ば茎を抱く、ハハコグサは抱かない、チチコグサはもっと緑色が濃いかな。
セイタカハハコグサ

茎や葉の裏は白い細毛に覆われている。
セイタカハハコグサ

キク科ハハコグサ属

(2月13日撮影)
2019. 02. 21  
冬でも咲いているフラサバソウ、これも新春公園花巡りで見ていますがやはりまだ少ない。
フラサバソウ

花の大きさは4mm程度、葉の中に埋もれるように咲いているので実際以上に小さく感じ撮りにくい。青い約から花粉が出ている、粒粒まで見えている。
フラサバソウ

雄しべは2本、その間に丸い柱頭が見えている。
フラサバソウ

これは花弁が大分開いてきている、雄しべが合わさっているが自家受粉しているんでしょうか。
フラサバソウ

茎も葉柄も葉の表も裏も毛だらけ。
フラサバソウ

オオバコ科クワガタソウ属

(2月13日撮影)
2019. 02. 20  
冬でも咲いているヒメウズ、葉が特徴的なので分かりやすい。新春公園花巡りの時も見つけましたがやはりまだ咲いているのは少ない。
ヒメウズ

うなだれるように下向きに咲く花、長さ5mm程度。
ヒメウズ

白いのは萼片、基部隙間に丸いのが見えていますが花弁基部にある距です。花柄には毛が生えている。
ヒメウズ

内側の黄色いのが花弁でこれも5枚あります。雄しべは9-14本、雌しべは2-5本と一定しない。これは雌しべは4本、雄しべは10本程度ありそう。
ヒメウズ

こちらは雌しべは2本、雄しべは5,6本かな、短いのもあって数えにくい。
ヒメウズ

既に果実がなっているのもありました、花のときに比べて花柄が随分伸びていて上向きになるようです。
ヒメウズ

キンポウゲ科ヒメウズ属

(2月13日撮影)
2019. 02. 19  
崖面に咲いていたスミレ、初めはコスミレかなと思ったんですが
シハイスミレ

花が赤っぽい、シハイスミレでしょうか、背後に見えている葉もそれに矛盾ないようですが。葉が出ていれば分かりやすいのですが殆ど展開してなかった。コスミレならこの時期咲いていてもおかしくないですがシハイスミレならかなり早い。
シハイスミレ

距は長からず短からず。
シハイスミレ

この辺りに幾つも咲いていました、これは岩の割れ目に咲いています。
シハイスミレ

葉にピントがあっていませんが裏側が濃い赤紫色のように見えます、コスミレは淡紫色程度。
シハイスミレ

これは少し青っぽいけど日陰のせいか、赤い斑点のようなのがあります。
シハイスミレ

蕾の頃、花が開く頃は花柄がもっと伸びるようです。
シハイスミレ

スミレ科スミレ属

(2月13日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2019年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR