2019. 04. 01  
年中どこでも咲いているコハコベ、過去記事見てみるとやはり少ない。ミドリハコベとの区別が難しいですがこれは典型的な様子なので撮ってみました。
コハコベ

茎は地を這い先端が斜上する、茎は赤紫色ですが緑色や中間的な色合いもある。
コハコベ

花だけ見ても違いは分からない、花弁は深裂して5枚のが10枚に見えます、分かっていてもやはり10枚と思ってしまう。
コハコベ

雄しべの数は1-7本、ミドリハコベは4-10本、数字が重なっている部分が多くこれだけでは区別は困難。柱頭が3裂しているのが分かるが時間が経つともっと伸びてきます。
コハコベ

萼片に毛が多い、これは既に果実になってきている。
コハコベ

葉は対生で卵形、全縁、下部の葉は柄があるが上部の葉は無柄。
コハコベ

茎片側に毛が生えている、これはどちらも共通。
コハコベ

ナデシコ科ハコベ属

(3月5日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR