2019. 04. 06  
田起し前の田んぼに生えていたキレハイヌガラシ、前日HP秋吉台日記で記事を読んでいたばかりだったので気が付きました、そうでなければ見逃したかも、この仲間は似たのが多いし。
キレハイヌガラシ

名前の通り羽状深裂している、イヌガラシはそれ程裂けないしスカシタゴボウもここまで裂けません。
キレハイヌガラシ

葉の基部は茎を抱かない、茎は無毛。
キレハイヌガラシ

花は殆ど終わっていた、これはもう果実期になっているかも。
キレハイヌガラシ

何とか咲いている花がありました。
キレハイヌガラシ

大きさ4mm程度でしょうか、アブラナ科らしい姿、雄しべは4本かな、柱頭が2裂しているのがわかります。
キレハイヌガラシ

アブラナ科イヌガラシ属

(3月13日撮影)
2019. 04. 06  
いたる所で野生化しているのを見かけるオオマツユキソウ、スノーフレークの方がとおりがいいでしょうが敢えて和名でアップしています。普通に見ているけど撮るのは初めてでした。
オオマツユキソウ

別名スズランスイセン、こちらの方がイメージに合っているかも。
オオマツユキソウ

花被片先端に緑色の斑紋があるのが特徴。
オオマツユキソウ

下向きに咲くので横に向けて撮影、花被片は6枚で大小3枚づつです。
オオマツユキソウ

雄しべは6本、先端が開いている。
オオマツユキソウ

花被片をとってみました、細い花糸に大きな葯、花柱先端が緑色、その先が柱頭なんでしょうか。
オオマツユキソウ

ヒガンバナ科スノーフレーク属

(3月13日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR