2019. 04. 10  
3月半ば、出始めたばかりのオキナグサ、全身が白い毛に覆われている。まだ葉はそれ程展開していない。蕾は大分膨らんでいるが花が開くにはもっと花茎が伸びないといけない。
オキナグサ蕾
(3月13日撮影)

半月後同じ場所、無事花が咲いていた。
オキナグサ

ここで3株ありました、これも台地上の春告花ですね、数は少ないが運が良ければ出会える。
オキナグサ

花弁はなく萼片、外側に白い長毛が生えている。翁草の名前は果実の様子から来ていますが花の頃でも十分翁(笑)
オキナグサ

花の内側は濃赤色、中央に多数の雌しべ、周囲に半分くらいの長さの雄しべ、かなりプラス補正して撮影、画像編集するよりこの方が少しはマシかな。
オキナグサ

この近くに他にも3,4株ありました。
オキナグサ

葉は1-2回羽状複葉で小葉は更に細かく裂けます。
オキナグサ

茎葉は3枚輪生、こちらも細かく裂ける。
オキナグサ
(3月28日撮影)

キンポウゲ科オキナグサ属
2019. 04. 10  
秋吉台に春を告げるセンボンヤリ、春告花ですね。
センボンヤリ

山焼きの後一月位たってから咲き始めます。
センボンヤリ

舌状花と筒状花からなる、これは雌しべが随分伸びている。
センボンヤリ

これは別の花で筒状花の割合が少ない、周辺に長く伸びている蕊は舌状花のもの、当然雌性。
センボンヤリ

横から見ると柱頭が2裂しているのがわかります。
センボンヤリ

この日はまだそれ程咲いてはなかったので咲いているのを片っ端から撮ってみたけど全部アップするわけにもいかず。これは根生葉が随分小さいけどしっかり花が開いている、これより大きな根生葉でも花茎さえ伸ばしてないのもあった。
センボンヤリ

花茎が殆ど伸びていない花
センボンヤリ

こちらは大分花茎が伸びている、これで3,4cm程度、もっと伸びることもあります。
センボンヤリ

花茎に鱗片葉がついている。
センボンヤリ

最後は山焼き後の台地をバックに。
センボンヤリ

背景に焦点をあててみました。この時期まだ草が茂ってないので痕跡程度の山道でもよくわかります。覚えておこうと思うのですが草が茂ってくると通れないことも多い。
センボンヤリ

キク科センボンヤリ属

(3月28日撮影)
2019. 04. 10  
台地上でスミレを撮っていて蕊を出していたこれに気が付きました。初めはイネ科かと思いましたがどうやらカヤツリグサ科、ヒカゲスゲかなと思いました。
ヒカゲスゲ

頂部に雄性小穂が一つだけ、まだ雄しべは出ていない。下部に雌性小穂を出します。
ヒカゲスゲ

よく見ないと頂小穂と思いそう。
ヒカゲスゲ

柱頭拡大、毛というか絨毛が生えている、黒いゴミのようなのは山焼き後の植物の炭です。
ヒカゲスゲ

葉はまだ殆ど出ていない。株は密に叢生するそうです。
ヒカゲスゲ

近くにもう一株、これは頂部の雄性小穂や雌性の側小穂の様子がよくわかります。雄しべが1本だけ出ている。
ヒカゲスゲ

柱頭をもう一度ドアップ。台地上では割と見られるようで今まででも見ていたかもしれないけど関心がないと目に入らなかったかも(^^;)
ヒカゲスゲ

カヤツリグサ科スゲ属

(3月28日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR