2019. 04. 22  
薄暗く湿っぽい林内に生えることの多いチャルメルソウ、ここは比較的明るく花が撮りやすい。
チャルメルソウ

赤く魚の骨のように見えているのが花弁、羽状に3-5裂する、萼片はまだ十分開いてない内に出てきてこの頃の方が形がわかりやすい。
チャルメルソウ

萼片が少しづつ開いてきて雄しべや雌しべが見えていますが外に出てくることはない。
チャルメルソウ

萼片が開く頃、花弁は強く反曲します。萼片は直立する、コチャルメルソウは平開する、隣の山には生えているんですが秋吉台では見られません。
チャルメルソウ

雄しべは5本、柱頭が幾つか見えている。
チャルメルソウ

萼片や花柄、茎に腺毛が密生している、丸い部分が赤くて可愛い。
チャルメルソウ

茎下部にやや捻れた長毛が生えている、この辺りもまだ腺毛もあるようだ。
チャルメルソウ

広卵形の葉、長毛が生えている。
チャルメルソウ

透明感のある長毛、腺毛もあるそうだが見えていないな。
チャルメルソウ

ユキノシタ科チャルメルソウ属

(4月5日撮影)
2019. 04. 22  
秋吉台で見られるカンアオイ属は3種、ミヤコアオイサンヨウアオイとこのタイリンアオイ、でも葉だけでは区別がつかず。ただ3者が混成することは殆なくほぼ場所で推定できます。ただここは2つが混成している場所です。
タイリンアオイ

葉をめくってみたらタイリンアオイでした。他の2つは花が下向きと言うかとにかく撮りにくいけどこれは上向きなので撮りやすい。
タイリンアオイ

人によっては気持ち悪いと感じるかもしれないが私には割とお気に入り、カットしてみたかったけど最初の花だったのでパス。
タイリンアオイ

周りのは萼片、同じ色の短毛が密生している。
タイリンアオイ

蕾の頃は萼片が三角錐状になっている、球形の萼筒も大きい。
タイリンアオイ

ウマノスズクサ科カンアオイ属

(4月5日撮影)
2019. 04. 22  
湿っぽい場所に群生しているカテンソウ、あちこちで見ることが出来ます。
カテンソウ

ここは日が当たらない場所ですが左側が明るく花もみなそちらを向いていました。
カテンソウ

雌雄異花でこれは雄花、花被片が開いて丸まって収まっている雄しべが飛び出てきます。
カテンソウ

一度に1本づつ開き、これは3本開いている。
カテンソウ

5本開いた。中央に見えている丸いのは未発達の子房だとか。
カテンソウ

3枚目のように花粉が詰まっている葯は白っぽいですが放出した後は透明になっています。
カテンソウ

力こぶを自慢しているポパイの様(古)。
カテンソウ

雄花序下部の葉腋に雌花序があるそうでこれでしょうか、ここでは殆ど見かけなかったけど雌雄異株のこともあるようです。
カテンソウ

菱形状卵形の葉、縁に鈍い鋸歯がある。表面に細かな突起、毛も生えている。
カテンソウ

イラクサ科カテンソウ属

(4月5日撮影)
2019. 04. 22  
咲き始めたばかりのツルカノコソウ
ツルカノコソウ

散房花序がまだ殆伸びておらずツルカノコソウらしくない。
ツルカノコソウ

それでも花はしっかり開いている、まだ蕾も多く伸びていきながら咲いていくんでしょうか。
ツルカノコソウ

花冠は5裂、雄しべは3本、柱頭は3裂だそうだけどこれは4裂しているように見える、どこも白色でコントラストが弱い。
ツルカノコソウ

横から見ると雄しべが花冠から突き出ている、葯に花粉の粒々、右の花は雌しべが見えている、もう少し伸びてくるようです。
ツルカノコソウ

葉は羽裂し裂片に波状の鋸歯がある。
ツルカノコソウ

一週間後、別の場所、大分伸びてきてツルカノコソウらしくなってきました、それでもまだ30cm程度、時には1m以上になることもあります。ちっともツル性らしくありませんが花後に走出枝をだすそうでそれをツルにみたてたんでしょうか。1枚目右や下に細い茎が伸びていますがそれがそうかな、まだ花後じゃないからわからないけど。
ツルカノコソウ
(4月11日撮影)

スイカズラ科カノコソウ属
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR