2019. 04. 27  
林道脇に生えていたハラン、中国原産(九州南部原産の説もある)で植えられることが多くこれも逸出でしょうがもう完全に野生状態。
ハラン

反対側に廻ってみました、写真では分かりにくいですが花が咲いているのがわかりました。2年前から探していたので思わずバンザイ。
ハラン

茎の根元に小さな花が咲いています。ハランは叢生していることが多く枯れ葉が溜まっていて花が探しにくい、5,6ヶ所で見ていますが昨年はどこもそんな状態で花が見つからなかった。
ハラン

まるで地面から花が咲いているよう、地下茎の鱗片葉の腋から出ているそうです。
ハラン

花の大きさは3cm程、思っていたより小さく赤かった。それにしても独特な姿。
ハラン

中央の丸く見えているのが柱頭で周囲のが雄しべでしょうか。
ハラン

これが葯かな、花糸は発達していないそうです。
ハラン

直ぐ側にもう一つ咲いていました、枯れ葉を除くまで気が付かず。
ハラン

近くに蕾もありました、初めは緑色で大きくなるに連れて褐色になるようです。撮影時は気が付かなかったが右端にもう一つ咲いています。
ハラン

咲く直前の蕾、花被片が8枚なのがわかります。すぐ左側のも蕾かな。
ハラン

キジカクシ科ハラン属

(4月11日撮影)
2019. 04. 27  
去年は咲かなかったモモイロキランソウ、今年はほぼ同じ場所で咲いてくれました。
モモイロキランソウ

キランソウの淡紅色品種、色以外は特に違いはありません。白花もありますが秋吉台で探しているけど未だ見つからず。
モモイロキランソウ

それにしても桃色というよりは赤花に近い、以前見つけているのより色が濃くなっているような。
モモイロキランソウ

上唇に沿って中央に花柱、左右に4本の花糸があるはずだが2本しか見えてないな。
モモイロキランソウ

葯が2室かと思ったらこれが長短の雄しべのようです、殆ど長さに違いはないようだ。2裂した柱頭が見えている。
モモイロキランソウ

全体に毛が多い。上唇外側にも毛が生えているようだ。
モモイロキランソウ

やや艶のある葉、これにも毛が多い。
モモイロキランソウ

シソ科キランソウ属

(4月11日撮影)
2019. 04. 27  
道端に咲いていたノヂシャ、ヨーロッパ原産で江戸時代に栽培されていたのが野生化、そのせいでしょうか野原よりは道端でよく見かける気がします。
ノヂシャ

二又分岐して伸びていきます。
ノヂシャ

分岐の様子、これで真っすぐ伸びた茎があれば葉腋から伸びてくることになるんですが。
ノヂシャ

茎の先端に小さな花を沢山つける、花を包んでいる葉は苞葉です。
ノヂシャ

花は淡青色、真っ白じゃないので却って地味。花冠は5裂、雄しべは3本、葯が見えていませんが落ちたのでしょうか。
ノヂシャ

こちらは雌しべ、柱頭が2裂か3裂か。
ノヂシャ

根生葉の様子、これはまだ茎が伸びてきてないかな。
ノヂシャ

スイカズラ科ノヂシャ属

(4月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR