2019. 04. 29  
ムラサキケマンと一緒に咲いていたフウロケマン(矢印)、肉眼だとすぐ分かったのですが写真だと自分でもどこだったかよく分からず探し回った(^^;)
フウロケマン

まとまって咲いている場所もありました。去年は大分広い範囲に広がっていたけど今年はそれ以前の状態に戻っていた。
フウロケマン

茎の先に総状花序をつける、日が当たる時間帯に来てよかった。
フウロケマン

この仲間はどれもよく似ていて区別が難しいグループの一つ。
フウロケマン

ヤマエンゴサク等と比べると下唇が下に垂れ下がります。
フウロケマン

距が強く下側に膨らんでいる、ここのは特にその傾向が強いようだ、苞は強い欠刻があるようだ。
フウロケマン

痕跡のような萼片が1対ある。
フウロケマン

上唇と下唇を開いてみました。
フウロケマン

上唇側についた雄しべ、花糸基部が幅広い。
フウロケマン

雌しべは細長い子房がある、こちらも雄しべがついているようで柱頭がハッキリしない。変種のミヤマキケマンは果実が数珠状にくびれるがこちらはそうならないそうで今年こそ見てみなくては。
フウロケマン

1-2回羽状複葉、小葉は深裂し更に切れ込む。
フウロケマン

ケシ科キケマン属

(4月17日撮影)
2019. 04. 29  
この辺りにたくさん咲いていたシロヤブケマン
シロヤブケマン

ムラサキケマンの内、花先端以外が白くなるタイプ
シロヤブケマン

でも白くなる程度は連続的で迷うのも多いですがここまで白ければ大丈夫でしょう。
シロヤブケマン

花筒部分真っ白、全体が白くなるとユキヤブケマンと呼ばれます。
シロヤブケマン

普通のムラサキケマンも咲いていたのでツーショット。
シロヤブケマン

ケシ科キケマン属

(4月17日撮影)
2019. 04. 29  
湿っぽい場所に群生しているヤマエンゴサク、他にヤマアイ、ヤマネコノメソウ、ラショウモンカズラ、カテンソウ等が見えていてどれも湿っぽい場所を好む植物です。
ヤマエンゴサク

ここも花が直立している。去年まではここでは青っぽい花が多かったが今年は赤っぽいのばかりでした。
ヤマエンゴサク

2つの花が隣り合って凄く変わったイメージを受けます、白い部分が仮面のよう。
ヤマエンゴサク

淡青色のもありました。
ヤマエンゴサク

これも萼片はないかな。
ヤマエンゴサク

距が齧られて穴が開いています、蜜泥棒がいたようです。
ヤマエンゴサク

苞は深い切れ込みがある。
ヤマエンゴサク

2-3回3出複葉、小葉は切れ込まないのから深く切れ込むのまで色々。
ヤマエンゴサク

背景をボカシて浮き立たせてみました、意図したわけではないですが。両手を広げてダイビングしているよう。
ヤマエンゴサク

ケシ科キケマン属

(4月11日撮影)
2019. 04. 29  
今のとこここでしか確認していないジロボウエンゴサク、狭い範囲で咲いています。
ジロボウエンゴサク

今年は来るのがちょっと遅く茶褐色になり始めているのもありました。
ジロボウエンゴサク

逆立ちした花(笑)
ジロボウエンゴサク

上の距に蜜があるはずだけど流れ落ちないんでしょうか。
ジロボウエンゴサク

お顔じゃないけど正面ドアップ。下向きの花じゃ昆虫が停まりにくそう。
ジロボウエンゴサク

この仲間は萼片は痕跡程度しか残ってないのが多いですがこれは全く無いのかな、見当たりません。
ジロボウエンゴサク

苞は全縁で切れ込まない。この形がこの仲間の重要な区別点。
ジロボウエンゴサク

2-3回3出複葉、小葉は2-3個に深裂する。
ジロボウエンゴサク

仲間のムラサキケマンとツーショット、ジロボウエンゴサクの方が少し大きいでしょうか。ここもムラサキケマンが増えてきています、ガンバレ次郎坊。
ジロボウエンゴサク

ケシ科キケマン属

(4月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR