2019. 05. 04  
これも秋吉台の中で行きにくい場所に咲いているチゴユリ、一週間前見た時は蕾もなかったのでまだ早いかなと思いましたが少しですが咲いてくれていました。
チゴユリ

この辺りだけ見たら群生しているんですが他の場所では見たことない、余程居心地がいいんだか、少しは出張してくれ~(笑)
チゴユリ

茎の先端に長い花柄を伸ばして花をつける、普通一つだけ、葉の上に出るので目立ちます。
チゴユリ

花弁は6枚、雄しべは6本
チゴユリ

柱頭は3裂、葯の熟し方に違いがあるように見える。
チゴユリ

葉は楕円形~長楕円形、縁がやや波打っている。
チゴユリ

イヌサフラン科ホウチャクソウ属

(4月23日撮影)
2019. 05. 04  
ミヤコアオイタイリンアオイとの交雑種と言われるナガトカンアオイ、一昨年見ていましたがその時は十分確認していなかったのでもう一度撮ってみました。多分一昨年のと同じ株です。
ナガトカンアオイ

タイリンアオイは上向きに花を咲かせますがこれはミヤコアオイのような咲き方、でも多少上向きのタイリンアオイの要素もある。
ナガトカンアオイ

横向きであまり開かず萼片がくねくね曲がっているあたりはミヤコアオイ
ナガトカンアオイ

でも萼片基部に白い突起があるのはタイリンアオイ
ナガトカンアオイ

萼筒もタイリンアオイ程大きくはなくミヤコアオイよりは大きい。
ナガトカンアオイ

カットしてみました、蕊の様子はミヤコアオイ似かな。
ナガトカンアオイ

萼筒内側は格子状、これはどちらも同じだけどこの部分がミヤコアオイより広い。
ナガトカンアオイ

近くにもう一株ありました、葉の模様がまるで違いますがこれはミヤコアオイでもよくあること。
ナガトカンアオイ

花を見ても両者の中間的なのがよくわかります。
ナガトカンアオイ

秋吉台のカンアオイ属3種は場所によって棲み分けていますがここはタイリンアオイですが僅かにミヤコアオイも生えています。それで交雑したんでしょうか。サンヨウアオイとの交雑も当然考えられますが果たしてこれとの違いが分かるかどうか。
ナガトカンアオイ

ウマノスズクサ科カンアオイ属

(4月23日撮影)
2019. 05. 04  
枯れ葉の中から顔を出していたギンリョウソウ、普通群生していることが多いけどこの日はこれだけでした。
ギンリョウソウ
(4月23日撮影)

5日後もう一度来てみました、随分顔を出している。
ギンリョウソウ

別名幽霊茸、真っ白な姿は植物というよりやはり茸に見えるかな。
ギンリョウソウ

葉緑素は全く持たないけど緑色に見える部分がありました、ひょっとして先祖返りとも思ったけど
ギンリョウソウ

緑色の幼虫が隠れていたようです。
ギンリョウソウ

これは多分1枚目の同じ、その時はまだ開いて中たけどこれは開いている、花としては割と長持ちするようです。
ギンリョウソウ

この辺りであちこちで顔を出していました。
ギンリョウソウ

ここは広い範囲で見られます、もう一ヶ所の方も見てきたのですが全く出ていなかった。
ギンリョウソウ

大きな柱頭の周りに黄色い葯、今回はカットはパス、カットした様子はこちらから。
ギンリョウソウ

タイリンアオイとのツーショット。ここはタイリンアオイも多い。
ギンリョウソウ
(4月28日撮影)

ツツジ科ギンリョウソウ属
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2019年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR